オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 窪田正孝、小栗旬の褒め言葉に「もういいっす」と塩対応

窪田正孝、小栗旬の褒め言葉に「もういいっす」と塩対応

8月9日『銀魂2 掟は破るためにこそある』完成披露試写会が行われ、主演の小栗旬さん、菅田将暉さん、橋本環奈さん、柳楽優弥さん、吉沢亮さん、長澤まさみさん、岡田将生さん、ムロツヨシさん、佐藤二朗さん、三浦春馬さん、窪田正孝さん、勝地涼さん、夏菜さん超豪華キャスト陣が勢揃い&メガホンをとった福田監督、そして原作でお馴染みのエリザベスも会場に駆け付けました。

副題の「掟は破るためにこそある」にかけて、掟破りの登場をしたキャスト陣。会場からは大歓声が巻き起こりました。

『銀魂』は、累計発行部数5,500万部以上、週刊少年ジャンプ(集英社刊)が誇る天下無敵の痛快エンターテイメント。2017年に実写映画化した前作では、最終興行収入38.4億円、2017年の実写邦画No.1の成績を記録する超絶大ヒットを記録し、その続編となる『銀魂2 掟は破るためにこそある』が8月17日(金)に公開します。

本作からキャストに加わったのは、鬼兵隊で“千人斬りの万斉”の異名を持つ伝説の剣豪・河上万斉を演じた窪田正孝さん。

冒頭の挨拶では「鬼兵隊なのは今日唯一1人だけ」と寂しそげに語るものの、「昨日見たんですけど、もっとコメディをやりたい。真面目にやっているのちょっとバカみたい!」と感想を述べます。さらに、前作に登場した新井浩文さんとのやり取りを明かし、「新井さんに“銀魂やるらしいじゃん、うわぁ〜ハズレくじ引いたぞお前!”と言われたのがすごくわかりました」と『銀魂』シリーズの“真面目”担当ならではの不満をポツリ。

また、小栗さんとのアクションシーンについて「一撃一撃が強かった」と回顧。再現度の高さに話題を呼んだビジュアルについては「これは原作者のグチになるからなぁ〜……」と前置きしつつ、「サングラスとヘッドホン……邪魔!」と言い放ちます。「三味線を背負うのはいいけど、先っちょが旬さんにぶつかるのが申し訳なかった。原作では三味線から刀が出るけど、今回オリジナリティがあって違うところから出るから、背負っている意味あるのかなって。いずれ三味線を背負っている意味を解決していただかないと!」とコメントしました。

それを受けて福田さんは「ずっと小栗くんが“かっこいいよ、かっこいいよ”って言ってたもんね」と明かし、小栗さんも「とにかく盛り上げようと思って、“窪田くん、ビジュアル超かっこいいよ”と言うと、窪田くんが“もういいっす、旬さんもうそれいいっす”って」と窪田さんの塩対応っぷりを明かします。

さらに福田さんが「小栗くんが、“かっこいいよ”と毎度毎度言うのが面白かった。でも窪田くんは“きついですね〜”って、窪田きついところ絶対譲らず!」と撮影現場での一幕を披露しました。

Recommend
検索窓を閉じる