オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 岡田将生が橋本環奈に弟子入り?しゃくれ演技下手に大反省

岡田将生が橋本環奈に弟子入り?しゃくれ演技下手に大反省

俳優の岡田将生さんが、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』完成披露試写会に出席、しゃくれ演技に苦戦したと意外なエピソードを明かしました。

9日(木)に行われた映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』完成披露試写会には、そのほか出演の小栗旬さん、菅田将暉さん、橋本環奈さんなども一緒に登壇。

完成作を観た岡田さんは、「真選組は本当に格好よくて!桂小太郎(※岡田さんの役名)は一瞬、一瞬の飛び道具的な扱いで、“現場に何しにきたんだろう”って思うくらい……監督と喋って終わるくらいでした(笑)」と、仲良し柳楽優弥さんらの真選組一行を見やります。

いわゆるギャグパートを担当した岡田さん、今回しゃくれるという場面があったそう。

福田監督が「岡田くんはテストのときはできるんだけど、(カメラを)回すとできないの。割と妥協して終わった」とぶっちゃけると、焦った岡田さんは「待って!妥協って言わないで!」と叫びます。

菅田さんが、「帰りの新幹線の中ですごく練習したそうですね(笑)」と言うと、福田監督が「岡田くん、最終的に本当にすみませんって謝りにきた(笑)。けどね、編集したらできていない岡田将生が一番面白かったよ」と声をかけられ、岡田さんもやや安堵の笑みを浮かべていました。

さらに、福田監督が「しゃくれは、かんかんが一番上手!」と褒めると、橋本さんが「いつからか、岡田さんに弟子入りされてしまいました(笑)。私も1カ月くらい練習して……」と話し出すと岡田さんは「そんなに!?」と目を丸くし、「油断してたあ……」としゃくれ演技に反省しきりの岡田さんなのでした。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、昨年度実写邦画No.1の大ヒットを記録した『銀魂』の第2弾。

最もアツく&笑える『真選組動乱篇』と『将軍接待篇』を合体した内容の本作では、真選組&国家滅亡の危機が描かれます。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』は8月17日(金)より全国ロードショーです!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる