オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【血液型別】ストレス軽減のためのコツ…A型は楽観思考が必要

【血液型別】ストレス軽減のためのコツ…A型は楽観思考が必要

ストレス社会と言われて久しい昨今ですが、最近では日常生活のちょっとしたことにもストレスの種が隠されています。少しでも健康で長生きな人生を送るためには、どんなことに注意すればいいのでしょうか。

そこで今回は、血液型別に“ストレス軽減のためのコツ”をご紹介いたします。

 

■A型の人は…不安になるような情報はななめ読みして

AB型のあなたは、心配性・不安症だと言えます。これが行き過ぎると“心配”、“不安”という色眼鏡を介してしか、世界を見られなくなってしまいます。そうなると、すべての物ごとが危険に見えてきてしまいます。

また、“これは本当に安全かな……”と気にしすぎるあまり、余計な情報を仕入れてしまい、真偽の判断がつかないまま情報を鵜呑みにして、さらなる不安を抱える“不安スパイラル”に陥る傾向があるとされます。人生を楽しみたいなら、不安ばかりに目を向けず、ある程度の楽観思考が必要なのです。

 

■B型の人は…ギャンブルには負けておくべき

B型のあなたは、刺激を求めてのめり込むところが少なくありません。特にギャンブルにハマると深刻なもの。人間というのは一度勝つと調子に乗る生き物。ギャンブルで大勝ちを体験してしまうと“自分なら勝てる”と誤った期待を持つようになり、ギャンブルをやめられなくなってしまうことも。

時として、勝負には負けておいたほうが、B型のあなたにとってはプラスになることも少なくないのです。

 

■O型の人は…ケンカは避けて!

O型のあなたは、かなりの負けず嫌い。ライバルと切磋琢磨する関係は、適度な刺激があり、成長できますが、あまりに意識しすぎて敵意を持ったり、ケンカしたりすると健康を害することも。

誰とでも張り合おうとする闘争心の強すぎる人は、心臓病にかかる確率が通常の5倍に跳ね上がるとも一説では。勝敗にこだわりすぎて負けてイライラすること自体、心にも身体にも悪影響なのです。穏やかな気持ちを忘れないようにしましょう。

 

■AB型の人は…人付き合いをよくすることで長寿体質に

AB型のあなたは、自分の世界に引きこもり過ぎてしまう傾向が。でも、それは少し考え物かも。実は、人付き合いのうまい人ほど死亡率が下がるとされているのです。

心理実験によると、子どもの頃からの人当たりのよさで高いスコアをとった人ほど、長寿だったとのこと。誰とでも仲よくなって敵を作らない人ほど、あまりストレスを感じないのです。人間関係が苦手なAB型女子でも、ある程度はニコニコしていれば、ストレスは軽減されるでしょう。

 

ストレスはゴムみたいなものだとよく例えられます。多少の圧力なら、それは弾力となり押し返す力で跳ね返しますが、過度な圧力がかかるとその不可に耐え切れずパンクしてしまいます。

だからこそ、過度のストレスがかかる前に軽減させることが大切になってくるのです。どうぞ自分のメンタルを労わってあげて下さいね。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ B-D-S Piotr Marcinski/shutterstock

【関連記事】

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる