オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【血液型別】会話を有利に持っていく方法…O型は3秒の沈黙を!

【血液型別】会話を有利に持っていく方法…O型は3秒の沈黙を!

ビジネスシーンでもプライベートシーンでも、コミュニケーションは大切ですよね。でも、考えて発言をしないと、自分が不利な立場に追いやられてしまうことも少なくありません。

一体どうすれば、有利に会話を進めていくことができるのでしょう。そこで今回は、血液型別に“会話を有利に持っていくタイプ”をご紹介いたします。

 

■A型のあなたは…社交辞令だとバレない褒め方のコツを身につける

A型のあなたは褒め上手。でも相手を褒めても、時として社交辞令のように受け取られてしまうことがありますよね。そうなるとお互い気まずい空気が流れてしまうこともあります。

そこで表現を少し変えるだけで、相手に素直な気持ちを伝えるテクニックがあります。

それが“倒置法”。たとえば、「本当に楽しかったです」と「楽しかったです、本当に」を比べてみた時に、リアクションがいいのは後者になります。相手を褒めたいけど社交辞令と取られたくないときは、使ってみるといいでしょう。

 

■B型のあなたは…偉い人を説得する際は“さらに偉い人”の言葉を引用

B型のあなたは“権威”や“専門家”の意見を素直に信じてしまう傾向があります。たとえば、有名大学の教授やタレントの言葉などがそうでしょう。それを逆手にとって、会話の頭に「専門家○○さんが」と付け加えるだけで、相手はあなたの発言を専門家の発言であるかのように受け取ることでしょう。

そうすれば、説得の難しい相手でも納得してくれる可能性が高まります。持ち出す人物は、相手が尊敬している人であるほど効果的と言えるでしょう。

 

■O型のあなたは…大事な話をするときは“3秒”沈黙を差し込む

O型のあなたは、熱意をもって人を説得するのが得意。でも、熱意だけでは人は動かない場合も。そんな時は“沈黙”の魔法を使いましょう。

とても雄弁に話していた人が突然会話をやめると、そこに注目が集まりますよね。一見するとネガティブな印象に取られがちな“沈黙”ですが、実はとても効果的な活用法があるのです。

話すはずの人が突然沈黙すると、聞き手は無意識に発言者に注目するのです。この沈黙時間は3秒までなら効果的とされるので、大事な話をするときは、思い切って“間をためる”というのもいいのかもしれません。

 

■AB型のあなたは…心理的優位に立つために相手から見て右側に座る

AB型のあなたは、人を観察する目が鋭いと言えます。そこで、その観察力を活かしましょう。

人が物を見る場合、自分から見て左側より右側に見えるもののほうが、また下より上に見えるものの方が“優位”だと感じます。これは「視的文法」と呼ばれ、相手の注目を上手に集め、緊張感や興奮感をあおることができるのです。

そのため、常に相手から見て右側に陣取るようにすることで、社会的に優位な心理になることができるのです。

 

会話においてイニシアティブを取ることができれば、恋も仕事もかなり有利な展開に運んでいけると言えます。なぜかいつも自分が損な役回りになることが多いなら、コミュニケーションの在り方を少し変えてみると良いかもしれません。そうすれば、相手もあなたの出方を見て自分の行動を変えるでしょうからね。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ MinDof/shutterstock

【関連記事】

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる