オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 早く気づかないと危険!彼氏が密かに出している“別れたい”サイン

早く気づかないと危険!彼氏が密かに出している“別れたい”サイン

彼女のことが嫌になってきたり、別れを考え始めているようなときは、それが態度や行動にも表れるもの。

彼氏の出すそういったサインに気づかないままでいると、結局は別れにつながっていくことになってしまうでしょう。

そこで今回は、彼氏が密かに出している“別れたいサイン”を紹介します。

 

■彼氏からは「誘ってくれない」

デートをしたり食事に行ったりは一応しているものの、毎回あなたから誘わないと会ったりしてくれない場合は、ちょっと危険な状態かも。誘われたから仕方なく行っているけれど、彼氏としては決して自分から行きたいわけではないのかも。

自分からのアクションを起こさないのは、それだけあなたへの興味が薄れている証拠でもあります。

デートに誘ってくれなかったり、連絡をしてこなかったり、自分からは話しかけてこないようであれば、完全に彼氏の気持ちが冷め切ってしまっている可能性が高いですよ。

 

■話をほとんど「覚えていない」

彼女に対する気持ちが冷めてきたら、男性はあまりまともに会話をする気もなくなっていくもの。話をしていてもどこかうわの空だったり、適当な相づちしか返ってこなくなったりしたら、あなたとはもう会話をする気にもなれないのかも。

また、前に話したことを彼氏がほとんど覚えていてくれなくなったりするのであれば、そもそも真剣にあなたと会話をしていないのでしょう。

こういった場合は、自分の話ばかりをするのではなく、彼氏の話にもちゃんと耳を傾けるようにすることも、関係性を改善する大事なポイントになってきますよ。

 

■「大事なこと」を話さない

恋人同士であれば、自然とお互いのことを共有するようにもなってくるもの。信頼関係が深まっていけばいくほど、「自分にとっての大事なことは相手にも知っていてもらいたい」という思いにもなっていくはずです。

だからこそ、逆に大事なことを全く話してくれなくなったようなときは、信頼関係も薄れていっている証拠。仕事での近況やスケジュールなど、何も話してくれずに共有もしてくれなくなったのであれば、もう彼女という意識もなくなってきてしまっている危険性だってありますよ。

 

■「ケンカ」にすらならない

“ケンカするほど仲がいい”なんて言葉もあるように、ケンカはお互いのことを思っているからだったり、ふたりの関係を考えているからこそ起こったりもするもの。ケンカにすらならなくなったときこそ、最も危ないときだとも言えます。

ケンカにならないのは、「もうどうでもいいや」なんて気持ちになってしまっている可能性が大。今後のふたりのことなども考える気になれないから、ケンカにパワーを費やそうとも思えなくなるのでしょう。彼氏が何にでも投げやりな態度になってきた場合は、本当に気持ちも離れつつあるので、ちゃんと話し合うことが必要かも。

 

彼氏があなたに飽きてきている兆候に気づかないままでいたら、改善や修復をすることもできません。

彼氏の行動に今までとは違う部分が見えてきたら、ちゃんと細かくチェックする必要がありますよ。

【画像】

※ shurkin_son/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる