オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「銀魂2」柳楽優弥×三浦春馬にロングインタビュー!共鳴し、共闘した、…

「銀魂2」柳楽優弥×三浦春馬にロングインタビュー!共鳴し、共闘した、美しき真選組の志士たち【前編】

出演作多数、実力派俳優としてキャリアを重ねている柳楽優弥さん&三浦春馬さん。

おふたりは、2017年実写邦画No.1興収をマークした映画『銀魂』の続編にあたる映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(以下、『銀魂2』)で、映画では初共演を果たしました。

物語は、真選組の内紛劇を描く『真選組動乱篇』と、金欠の万事屋3人がバイト先で将軍と遭遇し窮地に追い込まれる『将軍接待篇』を融合、大笑いして泣ける前代未聞のアクション・エンターテインメントに仕上がっています。

劇中、柳楽さんは特殊警察・真選組の『鬼の副長』と呼ばれる土方十四郎を続投、三浦さんは野望のために策を秘める真選組の参謀・伊東鴨太郎を熱演しました。

NOSHでは、柳楽さん&三浦さんに単独ロングインタビューを敢行、15年来の付き合いだからこそ語り合える“今”の気持ちを聞いてまいりました。

Q:おふたりの「真選組」チームは見せ場が多かった印象です。柳楽さんは土方と、土方が別の人格になるトッシーという全く異なる二面性を演じ分けられていて、お見事でした。

柳楽優弥(以下、柳楽):トッシーは楽しかったです!今までは割と個性的な、いろいろな役柄を演じる機会が多かったんです。こうして、ひとつの作品の中で、ふたつのキャラクターを演じられることはあまりないので、しっかり自分の経験を盛り込めたらいいな、とクランクインする前に決めて挑んでいました。

Q:完成作をご覧になって、ご自身で思わず笑ったりしたところもありましたか?

柳楽:トッシーの状態で神楽(橋本環奈さん)の写真を撮っているところですね(笑)。

三浦春馬(以下、三浦):(笑)。

柳楽:あそこは、「何をやってもいいよ」と言われていたんです。福田組で「何をやってもいいよ」って言われるのって、結構……。

Q:ハードルの高い感じを受けます。

柳楽:そうなんです、高いんですけど。福田監督の作品には何作か出させていただいているので、ムロ(ツヨシ)さんとか、(佐藤)二朗さんがやっているのを、「羨ましいな……。けど、僕はそこまでの実力じゃないな」と思いながら見ていたんです。今回は、そう言っていただいたので「思いっきりやろう!」と思って。そのあたりも観ていただきたいです。

三浦:楽しそうだったよね~。「何それ?」とか思いながら(笑)、本当に柳楽くんには大爆笑させてもらいました。だけど、トッシーから十四郎に戻る瞬間とか、十四郎の思いを後半に惜しげもなくパワフルに演じているところは、「本当に、この俳優は凄まじいな。素晴らしいな」と思って観ていましたね。

Q:土方に匹敵する、勝るとも劣らない三浦さんの快演も凄まじかったです。

柳楽:僕は、春馬くんが一番格好いいなって思いました。

三浦:うれしいなあ。……出演するとなったとき、周りの人たちに「面白いことが一切できないんだってね?つらいね~」とか、「どうなの?今の心境」と言われたんです。でも、僕の今回やらせていただいた伊東鴨太郎は、原作ファンの方々にもすごく人気なキャラクターなので、この役柄を真面目にしっかり演じることが確実にスパイスになると思っていて。だから、現場では何のストレスもなくやっていました。

試写を観たときに、確かにみんながすさまじく格好よく、構成も面白く、最後はぐっと……自分で演じていて言うのもなんですけど「じわっとくるのがわかるなあ」と思っていたんです。ただ、観終わったときに、今ひとつ自分の中の盛り上がりが欠けていて、「何なんだろうな、これは?」と。

で、今日、皆さんに会って(※取材日が完成披露試写会)分かったのが、「やっぱり自分も面白いことをやったほうが……」って思いました(笑)。皆が言っていたのは、「なるほど、ここ(面白いこと)なのかな」って。面白パートに参加していると、独特の一体感があるんだよね。

柳楽:うん、確かにあるね!

三浦:これだけ良い役をいただいておきながら、贅沢な話ですけど……。

Q:ないものねだりとでも言いますか。

三浦:「仲間外れになった気分ってこういうことか」、と(笑)。別に現実的に仲間外れにされているわけじゃないんですけど、そこだけは「いいなあ、羨ましいな」と思ったのは確かですね。現場では「面白パートやりたい」とか、一切思わなかったのに!

柳楽:観終わって、「面白パート、俺もやりたいな」って思ったんだ(笑)?

三浦:なんか、やり尽くせていない自分がそこにはいて、「あれ?」って思いました。

柳楽:すごく格好よかったけどな~。伊東って、唯一バックグラウンドが丁寧に描かれているし。あれ、グッときましたよね?

Q:かなり、きました。三浦さんが演じられた伊東は、すごく人間っぽさと言いますか、生身感を受け取りました。だからこそ、グッとくる要素が大きくなったように感じています。

三浦:うれしいです。

柳楽:あれはずるい……(笑)。

Q:そのあたりの膨らませ方は、三浦さん自身が考えて作られたんですか?

三浦:やっぱり原作があるので、関わる全員がセリフひとつにせよ、行動にせよ、外しすぎることを恐れてはいたんです。でも、やっぱり実写化で生身の人が演じるので、ちょっとした目の動き、逡巡する部分を僕は出したいと思って。どこまで表現したらいいのかを、現場で福田監督と相談しながらやりました。アニメーションを見たときに、声も若干合わせていったほうがいいのかも相談したんですけど、「それは普段の自分の声でやってほしい」ということだったので、都度、確認をしながらやっていきました。

柳楽:良いシーンがいろいろある中で一番「最高だな」と思ったのが、山崎(戸塚純貴さん)に気づく、伊東が後ろを見るところ!すごく格好よかった!春馬くんが演じているテンポみたいなものが好きでした。どんちゃん騒ぎの前半だったのに、後半はしっかりと、ちゃんと(している)。要するに……『銀魂2』が好きです。

三浦:(笑)。うれしいなあ。

Q:映画では「初めて」の共演です。因縁深い役どころですが、何か感慨のようなものはありますか?

三浦:自分たちでそんなに大袈裟には言えないけど、素晴らしい機会をもらいました。子役のときに、実はオーディション現場でも一緒だったりした仲だったし、何なら同じ学校に通っていましたし、思い返せば、やっぱり感慨深いところもあります。

当時はまったくしゃべることもなく「おはようございます」ぐらいしか言わなかったんですけど。現場で、いい大人になって、同じ子役を経てきたからこそ、お互いのスタンスや空気を、なんとなく察することができるから、「今はしゃべるのやめておこう」、「今は話しても大丈夫なんだな」という温度感がわかるんです。普通に現場でも、プライベートでご飯を食べていても、居心地は本当によかったです。

柳楽:小栗(旬)さんが山田(孝之)さんや勝地(涼)さんとかと、「よく昔オーディションで会っていた」とお話していますけど、僕たちもこの世代でそういうことがあるのってうれしいですよね。あまりないことだから。そういう人と仕事をして……15年くらいか?

三浦:そうなんですよね!柳楽くん以外、こういう関係性の人っていないかもしれない。

柳楽:いないよね。貴重だなって思います。また15年後とかね?15年、とりあえずこの業界で生き残ろうね。

三浦:本当だよね。次の目標15年後だね(笑)。

柳楽:15年後まで、とりあえず頑張ります(笑)。(取材・文:赤山恭子、写真:岩間辰徳)

インタビューは後編に続きます。

☆後編はこちら

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は8月17日(金)より全国ロードショーです!

■三浦春馬さん、柳楽優弥さんサイン入りチェキをプレゼント!

NOSHでは三浦春馬さん、柳楽優弥さんサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼントします♡

【応募方法】

1:NOSHの公式Twitterアカウント(@nosh_media)をフォローし、以下ツイートをRTしてください。

2:以下、応募フォームより必要事項を記入して送信してください。(NOSH運営会社(株)TBSテレビのサイトに移動します。)

※ 当選者の方に限り、NOSH編集部よりDMにてご連絡いたします。応募期間後もアカウントのフォローをお願いします。また、当選のご連絡後、2日間ご返信がなかった場合は無効となりますので、ご注意ください。

【応募期間】

2018年8月16日~2018年8月23日まで

【注意事項】

※ 鍵付きアカウントは応募状況の確認ができないため、無効といたします。

※ 本プレゼントキャンペーンにおいて、不適切な行為がされていると判断しましたアカウントは、対象外となります。

※ 本プレゼントキャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用は読者様のご負担となります。

※ 応募時の内容に記載不備がある場合は、無効となります。

※ 抽選に関するお問い合わせは一切お答えいたしかねます。

Recommend
検索窓を閉じる