オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 山田裕貴、山田孝之が審査員を務めたオーディションでセリフが真っ白に「…

山田裕貴、山田孝之が審査員を務めたオーディションでセリフが真っ白に「泣きながら帰った」

山田裕貴さんが、16日、新宿ピカデリーにて開催された映画『虹色デイズ』トークイベントに登壇。山田孝之さんが審査員を務めたオーディションでの失敗談を明かしました。

本作は、高校生の羽柴夏樹(GENERATIONS from EXILE TRIBE・佐野玲於さん)、松永智也(中川大志さん)、直江剛(高杉真宙さん)、片倉恵一(横浜流星さん)の仲良し4人組が、友情に恋に奮闘する物語です。イベントには、筒井昌臣役の山田さんほか、昌臣の妹・筒井まりを演じた恒松祐里さん、飯塚健監督が出席しました。

作品では坊主だった山田さん。挨拶では「入ってきた瞬間“こいつ誰だ?”って思ってらっしゃるかもしれませんが、まりの兄を演じさせていただきました」とユニークに挨拶。

作品の中では、山田さんが恒松さんのお尻を叩くシーンがあったのですが、監督が撮影当日に加えたものとのこと。山田さんは「女優さんですし、妹役とはいえお尻を叩くのは……」と気にしたそうですが、思い切って叩いたのだとか。すると「本当に痛そうにしていて申し訳ないことをしたな」と回顧。

しかし、恒松さんは「音だけで(痛くなかった)したよ」とフォロー。監督が「そこは“痛かった”でいいんじゃない?」と合いの手を入れると、常松さんは「(山田さんが)引きずっちゃいそうなタイプだから」と語ります。すかさず山田さんは「どういうこと!?」と立ち上がってツッコミを入れ「俺、そんなにネチネチしていそう?」と心配していました。

山田さんは恒松さんとの距離の詰め方に悩んだそうで、顔交換アプリを一緒にして楽しんだことを明かします。恒松さんは「それが一番現場で面白かったことです」と言い「すっごい私たちの顔に(山田さんの顔が)なじむんですよ」と熱弁しました(公式Twitterにアップされていますので、気になる人は要チェック!)。

ほか、未公開映像の放映や来場者に向けてのプレゼント抽選会もありました!

最後の挨拶で山田さんは、飯塚監督との初めての出会いについて述懐します。2人の出会いはあるドラマのオーディション。会場には、飯塚監督のほか、主演の山田孝之さんもサプライズでいたそうで「ド緊張しまして……覚えていたセリフが全部飛んで“もうこの監督には二度と呼んでもらえない”と思っていた」と振り返りました。

しかし、こうして飯塚組の作品に出演できたことを喜びます。飯塚監督は「泣きながら自転車で帰ったそうです」と補足。山田さんは「“なんで覚えていたセリフ飛ぶんだよ”って泣きながら帰りました」と語り笑いを誘いました。

映画『虹色デイズ』は全国ロードショー中です!

Recommend
検索窓を閉じる