オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【無印良品】オイルVSジェル…マイルドクレンジングを徹底比較!

【無印良品】オイルVSジェル…マイルドクレンジングを徹底比較!

クレンジング剤を選ぶときには、落ち具合と同時に洗い上がりの質感にもこだわって選びたい!

そこで、みんな大好き『無印良品』のクレンジングを、時短美容家の並木まきが徹底比較。

今回は、マイルドタイプのオイルとジェルの使用感をレポートします。

 

■まずは、それぞれのクレンジング剤の特徴をチェック!

・『マイルドオイルクレンジング』

オリーブオイルをベースにし、ホホバオイルを配合したクレンジング。ポイントメイクをしっかり落とし、濡れた手でも使えるのが特徴です。

・『マイルドジェルクレンジング』

クレンジング後のさっぱり感が特長のジェル状クレンジング。こちらも、濡れた手でも使えるとのこと。

さて、というわけで早速それぞれを使ってみます。

 

■クレンジング力と洗い上がりのしっとり度をリサーチ!

まず、『マイルドオイルクレンジング』はとろみのあるテクスチャーで、オイルクレンジングとしては軽めな塗り心地です。

メーカーによって発表されている“クレンジング力”は5段階中5、“洗い上がりのしっとり力”は5段階中3ですが、実際使ってみると、類似のオイルクレンジング剤と比べて、クレンジング力は比較的高め、洗ったあとの肌は筆者の場合、かなりしっとりとした肌触りに。

乾燥が気になる季節に重宝しそうだけれど、さっぱりと洗い上げたい夏には「ちょっと重いかも」と思うほどでした。

他方、『マイルドジェルクレンジング』は、公式発表の“クレンジング力”は5段階中5、“洗い上がりのしっとり力”は5段階中2です。

肌に塗ってみると、ジェルのテクスチャーは柔らかめで、お肌に塗るとスルスルと伸びていくような感じです。

濃いメイクの上にはちょっと多めに塗って、少しの間置いてから洗い流すと、メイクが浮いて落ちやすい実感です。しかし類似のジェル状クレンジング剤と比べると、クレンジング力は普通といったところ。

洗い流したあとの肌は、こちらもしっとり。同シリーズのオイルタイプと比べると、ややさっぱりという感想です。

 

オイルタイプとジェルタイプはどちらも、類似のクレンジングと比較すると、洗い上がりは比較的しっとりしています。

この2つで比較すると、よりしっとりした質感がお好みの場合にはオイルタイプのほうが満足度は高そう。

洗浄力はどちらもあまり変わらない印象ですが、重めなメイクをしっかり落としたい場合には、オイルタイプのほうがメイクになじませやすいメリットを感じました。

いずれも一般的なクレンジング剤と比較し、うるおい力は高めな印象です。

「クレンジングをすると、肌が乾燥する!」にお心当たりがある方には、どちらのタイプも洗い上がりの満足度が高いかも!

※ 文中の画像は筆者の私物です。使用感は個人の感想です。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる