オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 中川大志、「アントマン」を目の前に大興奮も「普段はキャーキャー言われ…

中川大志、「アントマン」を目の前に大興奮も「普段はキャーキャー言われる方なのに」

中川大志さんが、21日、東京・TOHOシネマズ新宿にて開催された映画『アントマン&ワスプ』東西横断スペシャル・ファンミーティングに同作のファン代表として登壇しました。

本作は、バツイチ、無職、前科持ちで、離れて暮らす愛娘だけが生きがいの主人公スコット(ポール・ラッドさん)が、脅威の“スーツ”を手に入れたことで、身長1.5㎝の最強ヒーロー・アントマンとなって活躍する物語です。今回は、“マーベルシリーズ”の大ファンである中川さんをはじめ、ポールさん、ワスプ役のエヴァンジェリン・リリーさん、ペイトン・リード監督、そして吹き替えとして同作品に参加した宮川大輔さんも出席しました。

まずは、来日ゲストが登壇。一言挨拶を終えると、観客の方からの質問に答えるQ&Aがスタートします。

「お互いの好きなところ教えて」という問いに、リリーさんは「私はもともとポール・ラッドのファンでした」とコメント。「ポールが参加している映画を観るのが大好き」と語ります。対するポールさんは「こんなに難しい質問は初めて」とユーモアを交えつつ「何か月も映画のプロモーションで世界を回っていますが、どこに行っても現地のことを知ろうとする……そういう繋がりを大事にするところ」と話しました。

続いて、日本人ゲストとして中川さんと宮川さんが登場します。

登場するなり、中川さんはファンの方に向けて「僕は大輔さんとは違ってこの映画に関わっていない」と告白。「ただのファン」と言い「客席の皆さんと同じ気持ちでこの場に立たせていただいています」と興奮気味に語ります。

中川さんはマーベルシリーズ、特に『アントマン』が大好きであることを明かし「冴えない主人公が好きなので応援したくなる」と熱弁。するとポールさんは「冴えない」に反応し、少し寂しそうな表情を浮かべて観客を笑わせます。そして「冗談だよ」と言わんばかりに、中川さんにハグをしにいきました。

続いて宮川さん&中川さんから質問コーナーも設けられます。中川さんは「1.5センチの世界をイメージするために行った役作りがあれば教えてください」とクエスチョン。ポールさんはスタッフに協力してもらったことを明かしつつ「想像力が大事」とアドバイスを送ります。

中川さんは「僕も身長15センチの女の子に恋をする役があった」とドラマ『南くんの恋人~my little lover』に出演した頃を回顧。するとポールさんたちから「(しっかり演じられているなら)質問するまでもないじゃないですか!」とツッコミを受けていました。

最後に、3人とたくさんのコミュニケーションをとった中川さんは「気さくで優しくて“アントマン”が目の前にいる!」と興奮していたそう。続けて「割と自分は“キャーキャー”言われる方なのに」とユニークなコメントを交えつつ「お客様と同じように大興奮でした」と振り返りました。

映画『アントマン&ワスプ』は8月31日(金)全国公開予定です!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる