オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > サプライズで橘ケンチ&岩田剛典らも登場!圧巻の「Rising…

サプライズで橘ケンチ&岩田剛典らも登場!圧巻の「Rising Sun」パフォーマンスを披露

8月19日(日)、「ダンスで日本を元気に!夢の課外授業中学生Rising Sun Project2018」(以下、「Rising Sun Project2018」)発表会が岩手県・釜石鵜住居復興スタジアムにて開催され、本プロジェクトリーダーを務めるEXILE ÜSAさん、TETSUYAさんに加え、橘ケンチさん、小林直己さん、岩田剛典さんも応援で駆け付けました!

『Rising Sun Project2018』は、EXILEが所属する(株)LDH JAPANの協力のもと、東日本大震災後、東北をはじめとする日本中の子供たちにダンスの力で元気になってもらうべく、2012年からスタートしたプロジェクト。

7年目の開催となった本年度は、岩手県釜石市立釜石東中学校にて4月に開校式を行っていました。

約4カ月に渡り、EXILEの東日本大震災復興支援曲『Rising Sun』のダンスの練習を重ねてきた約250名の生徒たちは、本番のこの日に思いを乗せます。

ÜSAさんとTETSUYAさんに続いて、橘さん、小林さん、岩田さんのサプライズ感あふれる登場は、すぐに歓喜の拍手に湧き、全員で『Rising Sun』のパフォーマンスを見事に成功させました!

パフォーマンスを終えたÜSAさんは、「中学生の皆さんとひとつになれましたし、来てくださったお客さんのお陰で、最高のパフォーマンスになりました!」と感謝の言葉を伝えます。

「子供たちの一生の思い出となるように」という想いで踊ったというTETSUYAさんも「本プロジェクト活動の意味を改めて感じましたし、逆に子供たちにパワーをもらいました」と胸の内を告白。

さらに、今回初めてプロジェクトに参加した岩田さんは「初参加が復興スタジアムのこけら落としのタイミングで、とても光栄に思っています」と、『KICKOFF! KAMAISHI 8.19』のメモリアルマッチのハーフタイムで行われたことについても言及し、感激の面持ちでした。

今年の4月から初参加した釜石東中学校の生徒たちも、EXILEメンバーとともに約6,500人の来場者を一気に魅了し、充実の表情を浮かべていました。

【関連記事】

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる