オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > アラサー女がぶっちゃけ「私婚期逃したなぁ」と思う瞬間

アラサー女がぶっちゃけ「私婚期逃したなぁ」と思う瞬間

アラサーになると、周りは結婚ラッシュですよね。親しい友達、職場の仲間が次から次へと結婚していくのは、嬉しい反面、やっぱり寂しい……。そう思ってしまう女性も多いのでは。

結婚したい気持ちもそうですし、子どもが欲しいとなると、なおさら、結婚に焦ってしまうもの。普段は忙しさに追われている女性も、ふと「私、婚期逃したなぁ」と思う瞬間ってありませんか?

今回は、その瞬間をまとめてみたので、ご紹介します。

 

■仕事を優先した私

「自分のしたい仕事に就けたので、仕事がとにかく面白かったんです。男性への興味も人並みにあったし、恋もしたけど、結婚にはならなかった。私が興味なかったっていうのもあったと思います。だから、仕事はお金のためにして、プライベートを充実させて結婚した友達見ると、婚期逃しちゃったかなって思うことが。」(28歳/女性/サービス)

仕事が忙しいと結婚が遅れがち、といいます。でも、結婚のタイミングは人それぞれ。女性の場合は、子どもを産むということで、そのリミットを考える必要はあるかもしれません。

でも、自分の人生です。したい仕事に就ける人も限られますし、仕事が楽しいと感じられることも幸せなことだと思います。そのことを羨ましいと思う人だって、大勢いるでしょう。

あとは自分自身が結婚をどうしていきたいのか考えられれば、いい相手もきっと見つかるはず。結婚、子どもを産む幸せだってきっと得られるはずです。

 

■あの人と結婚しておけば…

「それなりにモテたので、結婚を考えられる人が幾人かいたんです。でも、ほかにもっといい人がいるかもしれない気持ちと、そのときは、そこまで結婚に本気じゃなかった。いまでこそ、あの人と結婚しとけば……とも思うし、周りが結婚ラッシュだと、婚期逃しちゃったかなって、落ち込むときもありますよ。」(29歳/女性/IT)

結婚って相手がいることですから、相手がその気でも、自分は……だと、結婚にはいたらないですよね。また、結婚はゴールではなく、スタートです。結婚したからOKではなく、お互いが力を合わせてやっていく気持ちがないと、結婚してもうまくいかないでしょう。

結婚したい人ができたら、自分からタイミングを作ることは大事ですが、結婚する人はそのタイミングが合う人だと思います。そんな風にちょっと肩の力を抜いて考えられると、結婚は縁なものと前向きに考えられるのでは。

 

■モテない自分

「アラサーになってから、言い寄ってくる男性が減った気がする。そういうときは、ちょっと弱気に感じるかな。」(28歳/女性/IT)

年齢によってモテに差が出てしまうのは、仕方のないことかもしれません。実際、男性は若い女性を好む人が多いもの。でも、結婚を考えられる人となると、必ずしも若い女性とはならないと思います。

性格があって、価値観があって、将来を考えられる人のほうが、若さよりも男性にとっては貴重な存在のはず。男性が子どもをどう臨んでいるか、その問題はあるかもしれませんが。前向きに出会いを求めて、いい人を見つけてみては。

 

いかがでしたか。結婚はゴールではなく、スタートですよね。結婚したから幸せではなく、どんな相手と結婚し、どう幸せを作っていくかはふたり次第で、それが早いか遅いかだけです。

結婚したい気持ちがあるなら、弱気にならず前向きに出会いを求めてみては。

【画像】

※ Borysevych.com/shutterstock

【関連記事】

柚木深 つばさ
フリーランスライター
多数の女性向けWeb媒体を中心に記事を連載。読者目線を心掛けながら、男女にまつわる素朴な疑問を解決できるような記事作りをモットーにしている。
Recommend
検索窓を閉じる