オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > こんなはずじゃ…アラサー女が告白「真夏の恋」の残念な思い出

こんなはずじゃ…アラサー女が告白「真夏の恋」の残念な思い出

いつもよりちょっと大胆な恋愛をしがちな夏。あなたもサマーマジックが解けたら“こんなはずじゃなかったのに……”と後悔した経験があるのでは?

そこで今回は、20~30代独身女性を対象に“夏の恋”に関するアンケートを実施! 今だから言える“真夏の恋の残念な思い出”を大暴露してもらいましたよ。

 

■地元の同窓会で再会した元カレと…

「10年ぶりに集まった中学の同窓会で、ずっと引きずっていた元カレと再会。連絡先を交換して二人で遊びに行く仲になっていたから、このまま結婚もアリかも……なんてこっそり期待していたら、友人から“あいつ、結婚して子どもがいるよ”と言われてどん底に落とされた。まさかこの歳になって男に騙されるとは!」(29歳/化粧品販売)

夏の帰省に合わせて開催される同窓会。甘酸っぱい思い出を胸に参加した飲み会で、元カレや当時想いを寄せていた男性に遭遇! アラサー女性の多くが燃え上がるような恋を期待しているそうですね。

実際にそのうち半数近くは、交際に発展。“既婚者だった”、“子どもがいた”、“二股された”、“遠距離だった”なんて最低のオチが用意されていることも知らずに……。

 

■いつもクールな上司に誘われたけど…

「同じ部署のイケメン上司は、女性たちがコソコソ噂をするほど人気があった。私も密にチャンスを狙っていたら、たまたま一緒に仕事をすることになって意気投合。“終わってから食事でもどう?”とデートに誘われていい雰囲気になった。でも、二人っきりになってみたら、いつものクールな雰囲気ではなく甘ったれの弟キャラであることが判明!実際に弟のいる私は、どう見ても弟にしか見えなくなってしまった。今まで憧れていたカレはどこへ行ってしまったの……。」(28歳/メーカー)

いつもスマートに仕事をこなす年上の男性上司。あなたも頼りになる後姿にドキッとした経験があるのでは?

でも、実際にお付き合いをしてみたら“甘えん坊だった”、“優柔不断だった”、“赤ちゃんプレイを強要された”なんて残念なケースも……。男性の意外な素顔にドキッとするか、ガッカリするか。確かに深い関係になってみないと分からないかもしれませんね。

 

■旅先で出会ったイケメンと付き合ったけど…

「友人と二人でイタリア旅行。現地のイケメンガイドさんと仲良くなって、滞在中はずっと一緒に過ごしていた。帰国する前夜、“今から会えない?”と電話がかかってきて、夜景のキレイなロマンチックな雰囲気に流されてベッドイン。愛の告白を受けて付き合うことになったけど、日本とイタリアの遠距離恋愛はやっぱりうまくいかなかった。覚悟してはいたけど、やっぱりダメージが大きかった。」(27歳/貿易事務)

夏の出会いといえば、旅先での思わぬ恋。言葉の壁も気にならないくらい燃え上がるような恋を経験するアラサー女性は少なくありません。

でも、付き合ってみたものの“遠距離だった”、“生活リズムが違った”、“遊び人だった”などを理由に破局してしまいがち。たとえ“ひと夏の恋”と覚悟したお付き合いでも、心身ダメージを受けることをお忘れなく……。

 

夏の暑さに目がくらんでいるのか、目の前の男性にドキッとしているのか。クラっときたときは安易に身を任せてはいけません。じっと立ち止まって“本当にこれでよいのか”自分自身に問いかけてみてください。

【取材協力】

※ 20~30代独身女性

【画像】

※ Standret/shutterstock

【関連記事】

大学在学中からフリーライターとして活動中。現在は、恋愛コラムやエステティック会員誌、新聞広告記事などを執筆中。20〜30代男女のリアルな声を取り入れた恋愛記事は、恋する乙女必見。
Recommend
検索窓を閉じる