オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 岩田剛典とライバル役に須賀健太が本音「ライバルだったら諦める、パーフ…

岩田剛典とライバル役に須賀健太が本音「ライバルだったら諦める、パーフェクトな存在!」

9月4日(火)、映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』完成披露プレミア試写会が丸の内ピカデリー1にて行われ、W主演を務めた岩田剛典さん&杉咲花さん、共演の須賀健太さんらが登壇しました。

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は、有賀リエさんによる『パーフェクトワールド』の映画化。

インテリアコーディネーターとして働くヒロインつぐみ(杉咲さん)と、事故で車イス生活になっていた初恋の相手・樹(岩田さん)との純愛を描きます。

オファーを受けたときのことを振り返った岩田さんは、「かなり題材自体は繊細というか、日常に誰しもが同じ環境だったり、境遇だったりに共感できるようなテーマの作品です。こういう恋愛の形もあるんだなって、恋愛の到達点というか、究極なのかなと思いました」と感触を語ります。

ヒロイン役となった杉咲さんは、「個人的にはこれまで哀しい過去を背負った役や、家庭内暴力に明け暮れている役が多かったので、恋をするようなラブストーリーと縁がないと思っていて意外でした。新しい挑戦へのうれしさが大きくて」と語り、新境地を見せます。

一方、須賀さんは登場早々、「(今日の格好が)“はーい”っていう司会者みたいって芦名(星)さんに言われて……」と言うと、芦名さんも「ねえ!」とうなずくと、岩田さんが「1回だけ、1回だけ(やって)」と須賀さんにおねだり。

すると、須賀さんは「は-い!」とノリノリでやり、岩田さんらを喜ばせました。

杉咲さん演じるつぐみに想いを寄せる是枝役の須賀さんは、樹のライバルに当たります。

「自分だったらどうしますか?」という質問に返す刀で須賀さんは「こういう質問って、結構取材でいただいて“僕だったらアタックします”と言うんですけど、冷静になって考えてみたんです、今日」と自問自答を始めます。

「まじでいくのか?、そう考えたときに相手が岩田剛典……はい、諦めましょう!って思いました(笑)。やっぱパーフェクトな存在なのでやめました!」と、きっぱり言い放っていた須賀さんなのでした。

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は10月5日(金)より全国ロードショーです。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる