オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 社内不倫がばれた瞬間…恐怖の修羅場エピソード

社内不倫がばれた瞬間…恐怖の修羅場エピソード

恋は刺激的なほうが燃えるもの。もしかしたら不倫もそうなのかもしれませんね。いけないことをしている感覚が、ふたりの気持ちを盛り上げるのかもしれません。

でも、家庭ある人と関係を持つのは、道徳的に許されることではありませんよね。不倫がバレたら、相手の家庭を壊しかねませんし、自分も不幸になってしまうだけ。

今回は、なかでも社内不倫がバレた瞬間の修羅場エピソードを集めてみました。

 

■会社からはクビの制裁が

「上司からちょっかいを出されたことがきっかけで、相手と不倫関係になりました。結婚していることは知っていたし、彼にも注意したんですが。たぶん、相手の奥さんとうまく行ってなかったんだと思います。不倫なんて初めてだったし、誰に相談したらいいのかわからず。そのうち、職場のお局さんが勘繰ったようで、そこから不倫がバレて……。私はお局さんから嫌われていたので、会社にいづらくなって辞めて、彼は異動になりました」(28歳/女性/サービス)

本人たちはいくらバレないように気をつけていても、勘の鋭い人には「あのふたり、なんかおかしいな」と、違和感を持つのかもしれません。バレまいとする行動が、返って上司と部下の関係とは違う、なにかを感じ取るのかも。

不倫は、お互いだけの関係に留まりません。相手の家庭にも影響を及ぼし、さらに社内不倫ともなれば、お互いの仕事、生活にも関わってきます。せっかく就いた仕事に二度と就けなくなってしまう恐れも。

恋に落ちる瞬間は何気ないことですが、自分たちがしていることをいま一度、冷静に考えたいですね。

 

■結ばれても結局は…

「仕事に悩んでいた彼女を飲みに誘ったんですよね。彼女が“帰りたくない”というので、内心かわいいなと思っていたのも事実なので、断れなくて。不倫の噂が広まったのは、彼女自身が漏らしたからみたいなんです。彼女が俺と関係を持てたことがうれしかったみたいで。俺に憧れを抱いていたみたいだし。でも、不倫は不倫だし、会社から事実上のクビ。彼女は異動になって、クビにはならなかったけど、結局ふたりの関係もうまくいかなかったな」(35歳/男性/IT)

特に女性からすると、仕事ができる上司や先輩って、相手の役職効果もあり、ステキに映るのでは。既婚者であると、より男性としての包容力を感じないでしょうか。でも現実問題として、相手はすでに結婚している身。

いくら仕事上の付き合いとは言え、一線は守らなければいけません。たとえ男性の伴侶と関係がうまくいっていなかったとしても、不倫をして離婚をするというのは、大ごとです。
一度幸せになると誓って、それがうまくいかなかったから離婚する。そうした相手と結ばれて、果たして幸せになれるかどうかは、ちょっと疑問ですよね。

 

■ふたりの男性と…

「仕事が辛くて、辞めようかなってときに、先輩スタッフが慰めるように飲みに誘ってくれたんです。それでも辛くて涙が止まらなくて、先輩に誘われるがままにホテルに。別の日には、上司(既婚)が飲みに誘ってくれて、自分に対する風当たりの厳しさを慰めてくれて。その上司とも流されるようにホテルに……。あるとき、その事実がふたりにバレて。仕事は自分から退職届を出しました」(25歳/女性/サービス)

職場環境が良くなかったのでしょうか。仕事のストレスや悩みが抑えきれず、不倫に至ってしまったようです。でも、仕事は仕事で挽回しないと、結果はついてきません。

人間関係に恵まれなかったら、転職を考えて、もっといい環境に身をおいたほうがいい場合もあるでしょう。不倫にまで手を染めては、自分がますます不幸になってしまうだけです。

 

不倫のきっかけは、ほんの出来心という人が多いかもしれません。でも、不倫をすることで、自分の一生を棒に振ってしまいかねません。

くれぐれも、そのことを肝に銘じておきたいものです。

【画像】

※  LightField Studios/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる