オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「なかなか結婚に踏み切らない」彼に試したい押しの一手

「なかなか結婚に踏み切らない」彼に試したい押しの一手

なかなか結婚に踏み切らない彼氏は、“後押し”をして欲しいのかもしれません。男性も結婚に不安を感じますし、人生を左右する問題なので、躊躇もするでしょう。

そんな心の迷いを拭い、結婚に踏み切らせるためには、“強い押しの一手”が必要。そこで今回は、結婚に踏み切らない彼に試したい“押しの一手”をご紹介。

決断できない彼には、後押ししてあげましょう。

 

■「別れるか結婚か」を迫る

なかなか結婚に踏み切れない彼には、“別れ”を切り出してみるのも一手ですよ。

結婚に踏み切れない男性を、いつまでも待てないのも事実なので、「別れるか、結婚か」を迫り彼に決断させましょう。

もし彼が別れを決断したら、ご縁がなかったと諦め次に行くしかありません。

復縁を望むかもしれませんが、その時は結婚を条件にすればいいので、彼が未練がましいなら、更なる一手で彼を詰めましょう。

 

■婚姻届を突き出す

「結婚の約束はしている」「結婚話はすすめている」それなら後は、“婚姻届けを出すだけ”ですよね。

それなのに彼が役所に婚姻届けを取りに行こうとしないなら、自分で婚姻届けを取りに行き、必要事項は全て記入し、彼に婚姻届けを突き出してみましょう。

かなり強気の押しの一手ですが、それぐらい強気にいかないと、優柔不断な男性は決めることができないでしょうし、あなたをいつまでも待たせてしまいますよ。

すぐに役所に出す必要はないので、彼の判さえ貰えればチェックメイトです。

 

■結婚しか道がないようレールを敷く

彼がなかなか結婚に踏み切らないなら、“結婚するしか道がない”ように“レール”を敷いてあげましょう。

例えば、結婚式場を選ぶ、両家の顔合わせをするなどし、後には引けない状況にすれば、彼も結婚を決断できるかもしれませんよ。

世の中には、何をするにも誰かに道を示してもらわないと、進むことができない人もいます。

自分で決められない人には、誰かが決めてあげないと仕方がないので、彼がいつまでも迷っているなら試してみて下さいね。運転士はあなたですよ。

 

注意して欲しいのは、強引すぎると逆効果になることもあるということ。

押しの一手に怯え、全てを投げ捨て逃げてしまう男性もいるかもしれませんが、結婚するにせよしないにせよ、どちらにしても女性としては決断は早い方がいいので、彼が結婚に踏み切らないようなら、玉砕覚悟で試して下さい。

【画像】

※ Africa Studio/shutterstock

【関連記事】

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる