オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 小栗旬、吉沢亮に男前すぎるLINEを送信「よし、何買うか?」

小栗旬、吉沢亮に男前すぎるLINEを送信「よし、何買うか?」

小栗旬さんが、7日、新宿ピカデリーにて開催された『銀魂2 掟は破るためにこそある』特大ヒット御礼舞台挨拶に出席。小栗さんの男前エピソードが明かされました。

本作は、累計発行部数5,500万部以上を誇る空知英秋さん原作の同名漫画が原作。『勇者ヨシヒコシリーズ』や『33分探偵』などで知られる福田雄一監督のもと、小栗旬さんを主演に2017年実写映画化されました。今回はその続編。真選組副長・土方十四郎(柳楽優弥さん)のある異変から物語は始まります。

イベントには、小栗さん、福田監督、柳楽さんのほか、三浦春馬さん、吉沢亮さん、戸塚純貴さんの男性メンバーが登壇しました。

本イベントが、全国にライブビューイングもなされていることから、小栗さんは「こうやって皆さんに集まっていただいているのはもちろん、これが全国の皆さんにも観ていただいているのが嬉しいです」と喜びを表現しました。

今回の舞台挨拶のために、公式Twitterで質問を公募。メンバーが答えることになりました。

「メンバーの中で一番“男”だった人は?」との問いに、小栗さんは勝地涼さんの名前を挙げます。将軍という難しくも勇気のある役どころに「あの役を引き受けた男気(がスゴい)」と太鼓判。続けて「僕があのオファーを受けたら多分悩みます」と答えました。

戸塚さんは小栗さんの名前を挙げました。しかし、その理由に疑惑がかけられたようで、福田監督から「ソファー買ってもらったからでしょ?」と詰め寄られる始末。小栗さんも「モノで人の心を釣っている人みたいになっている」と嘆きました。

また、本作では、小栗さんの歌を入れるため、レコーディングをしたそうなのですが「(前回より)ちょっとだけ歌がうまくなった」と豪語。そのため、レコーディングチームから監督に「(上手か下手か)どっちの方に転がしますか?」と問われたことを明かしました。

最後の挨拶で吉沢さんは「先日、橋本環奈ちゃんと舞台挨拶をした時、“(橋本さんは買ってもらったのに)僕だけ小栗さんに家具買ってもらっていない”って言ったら、その日中にLINEで“よし、何買うか?”って来て」と感動したことを吐露。「こんなにかっこよすぎる座長の現場にいる俺は幸せ者です」と語りました。

そのほか、柳楽さんが客席とコール&レスポンスなどをやったため、小栗さんは「本当に面白い人たちですよ」と笑顔。続けて「僕もこんな皆さんと仕事ができて嬉しいです。みんなが応援してくれたら、また、みんなで集まれることもあると思う」と次回作に含みを持たせて舞台挨拶は終了しました。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は全国ロードショー中です!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる