オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 佐藤寛太、山下健二郎と佐藤大樹と共に高知県へ旅行「めちゃくちゃ楽しか…

佐藤寛太、山下健二郎と佐藤大樹と共に高知県へ旅行「めちゃくちゃ楽しかった!」

佐藤寛太さんが、9月10日に開催された映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』公開直前イベントに登壇。山下健二郎さん、佐藤大樹さんと旅ロケに行ったことを明かしました。

本作は、シリーズ累計興収60億円・観客動員450万人を突破した『HiGH&LOW』のスピンオフ作品です。8月に行われた完成披露試写会では、Yahoo!トレンドランキングやTwitterトレンドワードに「ハイロー」がランクインするなど、ネットでも話題沸騰となっています。

寛太さんは、「テッツ役の佐藤寛太です。今日は短い時間ですが、よろしくお願いします!」と元気に挨拶。会場から割れんばかりの拍手が巻き起こります。

3人は『DTC』シリーズがようやく映画化になったことに大喜び。「遅いくらい!」と言い、山下さんも「面白くてコミカルに動けるやつが売れるんですよ」豪語します。

しかし、MCから『HiGH&LOW』シリーズでの『DTC』の立ち位置をツッコまれると、山下さんは「固唾を飲ませたら右に出る者はいない」と言い「8時間くらいコブラの後ろでこうしてる」と“固唾を飲んでいる3人”を表現しました。

ここで、DTCのメンバーとゆかりのあるゲストとしてダチョウ倶楽部の3人が登場。一足早く作品を観たという上島竜兵さんは「“3人寅さん”みたいな雰囲気ですごく面白かった」と回顧。2作目、3作目と続いてほしいと願望を吐露しました。

続いては、絆の強さを試されるクイズに挑戦。「この夏、3人で過ごした思い出」についての質問に、寛太さんらは揃って“高知県の旅”を挙げます。同作の撮影終了後、3人で2日間高知県へ旅ロケに行ったとのこと。寛太さんは「めちゃくちゃ楽しかった!」と振り返っていました。

続いては、本作で旅館が登場することから“布団早敷き対決”がスタートします。撮影で慣れているのか、寛太さんは対決前に布団をチェック。ダチョウ倶楽部さんを唸らせます。

スピーディーに行うも、寛太さんと大樹さんは掛け布団にてんやわんや。そんな2人を尻目に、山下さんは単独で布団チェックを行います。

勝負はお客さんの拍手の量で決定。布団がキレイに整っていたことから、寛太さんら『DTC』チームが勝利しました!

映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』は、9月28日(金)に全国公開予定です!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる