オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > まさかの告白対決!中川大志が壁ドン披露するも「ヘタレ男子」認定

まさかの告白対決!中川大志が壁ドン披露するも「ヘタレ男子」認定

9月12日、映画『覚悟はいいかそこの女子。』の完成披露試写会舞台挨拶が行われ、主演の中川大志さん、唐田えりかさん、伊藤健太郎さん、甲斐翔真さん、若林時英さん、井口昇監督が登場しました。

“ヘタレ男子”の主演を務める中川さんがまず「ドラマもやっていて、たくさんのお客さんがドラマの方も見てくれていると聞いて嬉しいです。映画はドラマとはまた違ってパワーアップした話になっています。どんな風に見てもらえるか緊張……という感じです」と微笑みながら挨拶しました。

続けて唐田さんも「本当に緊張……。今日を迎えられてとても嬉しいです」と一言。

今作で主人公の恋敵となる美術教師役を演じた小池徹平さんは、「なかなか教師役をやることがないので、新鮮でした。(中川)大志とは一回り年齢が違うけど、休憩中とか一緒にご飯食べてくれてうれしかったです」と撮影の合間のエピソードを語ってくれました。

舞台挨拶後半には『ヘタレ男子脱却!男の3本勝負』と題して、中川さん、伊藤さん、甲斐さん、若林さんが3本勝負に挑戦。

ストップウォッチを10秒ピッタリで止める勝負では、中川さんが他の皆さんに話しかけて邪魔をするも、まさかの本人が一番10秒から離れているという結果になり、一同大笑い。

また、決められたシチュエーションで告白をし、誰が一番愛され男子か決める勝負では、最後に告白を披露した中川さん。

放課後、後輩に告白するというシチュエーションで、勢いよく壁ドンのポーズ!

しかし、これが審査員の監督に「逃げてるように見えた」と評価され、まさかのヘタレ男子認定。

中川さんは渾身の告白を披露したにも関わらず酷評され、落ち込んでいる様子でした。

映画『覚悟はいいかそこの女子。』は”ヘタレ男子マンガの先駆け”として、集英社発行『マーガレット』にて2014年から掲載された椎葉ナナによる同名マンガの実写映画作品。

”超絶イケメン”だけど恋愛経験ゼロの主人公を演じるのは、人気実力ともにNo.1の呼び声高い俳優・中川大志さん。本作でも高い演技力を遺憾無く発揮し、徹底的に”究極のヘタレ男子”を演じきっています。

そして、主人公が恋に落ちる学年一のクールビューティーを演じるのは、新鋭のカンヌ女優・唐田えりかさん。

恋敵となる美術教師を、数々の映画で主演をつとめ、最近では悪役としての演技を高く評価されている小池徹平さん。

さらに親友役として、次世代のカメレオン俳優・伊藤健太郎さんをはじめ甲斐翔真さん、若林時英さんと言った若手注目キャスト陣が出演します。

国民的美男子・中川大志さんの“究極のヘタレ男子姿”に注目です。

映画『覚悟はいいかそこの女子。』は1012日(金)全国ロードショーです。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる