オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 伊藤健太郎、恥じらいながら真剣に告白「俺じゃダメかな?」

伊藤健太郎、恥じらいながら真剣に告白「俺じゃダメかな?」

映画『覚悟はいいかそこの女子。』の完成披露試写会舞台挨拶が9月12日行われ、主演の中川大志さん、唐田えりかさん、伊藤健太郎さん、甲斐翔真さん、若林時英さん、井口昇監督が登場しました。

“ヘタレ男子”がテーマの映画ということで、本当にヘタレなのか、それとも愛され男子なのかを試す『ヘタレ男子脱却!男の3本勝負』が行われ、中川さん、伊藤さん、甲斐さん、若林さんが、押すと痺れる“ビリビリボールペン”に挑戦。

ビリビリが大の苦手だという伊藤さんは、ボールペンを渡された瞬間から顔がこわばります。

そして合図とともに一斉にボールペンを押すと、「うわっ!」と叫びながら飛び上がる伊藤さん。また、中川さんや甲斐さんも痛そうにしている様子を監督や唐田さんも心配そうに見守っていました。

さらに続いての勝負では、指定のシチュエーションで“愛の告白”! 各々渾身の演技で告白をします。

伊藤さんは同級生相手を想定した告白を披露します。

「こういうこというのもあれなんだけどさ……俺じゃダメかな?」と真剣な面持ちで投げかけます。一瞬の沈黙の後、会場は黄色い声援に包まれました。

3番勝負の結果、一番愛され男子に選ばれたのは共演者の甲斐さん。伊藤さんは選ばれませんでしたが、仲間の健闘をたたえ、中川さんとともに拍手を送っていました。

そして今回のイベントの最後には、主演の中川さんから「本日はありがとうございました。僕たちも久々に共演者が揃いまして、だいぶ時間が空いていたはずですが、一瞬で撮影していた時の雰囲気に戻れるような、そんな仲の良いみんなで作った映画です。バカな男子が一生懸命にがむしゃらに恋をする姿を描いた、恋して見たいなと思いたくなるような映画ですので、今日見たらいろんな人に広めまくって欲しいです。また見にきて欲しいです」と締めくくりました。

映画『覚悟はいいかそこの女子。』は”ヘタレ男子マンガの先駆け”として、集英社発行『マーガレット』にて2014年から掲載された椎葉ナナによる同名マンガの実写映画作品。

”超絶イケメン”だけど恋愛経験ゼロの主人公を演じるのは、人気実力ともにNo.1の呼び声高い俳優・中川大志さん。本作でも高い演技力を遺憾無く発揮し、徹底的に”究極のヘタレ男子”を演じきっています。

そして、主人公が恋に落ちる学年一のクールビューティーを演じるのは、新鋭のカンヌ女優・唐田えりかさん。

恋敵となる美術教師を、数々の映画で主演をつとめ、最近では悪役としての演技を高く評価されている小池徹平さん。

さらに親友役として、次世代のカメレオン俳優・伊藤健太郎さんをはじめ甲斐翔真さん、若林時英さんと言った若手注目キャスト陣が出演します。

国民的美男子・中川大志さんの”究極のヘタレ男子姿”に注目です。

映画『覚悟はいいかそこの女子。』は1012日(金)全国ロードショーです。

【関連記事】

南方 篤
カメラマン/ライター
Webメディア編集部の社内カメラマンとして、インタビュー時のポートレート撮影、記事執筆、イベント取材などを担当。その後、ウェブマーケティング職を経て本格的にカメラマンとしての活動を開始。
Recommend
検索窓を閉じる