オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 中川大志、伊藤健太郎をべた褒め「すごく自然体で、飾らない」

中川大志、伊藤健太郎をべた褒め「すごく自然体で、飾らない」

9月18日、映画『覚悟はいいかそこの女子。』学生限定試写会が行われ、主演の中川大志さん、共演の伊藤健太郎さんが登壇しました。

超絶イケメンなのに、全くモテないヘタレ男子の恋模様を描く本作。伊藤さんは「ドラマ版で律の恋物語ですが、映画版では斗和の恋物語が描かれている。映画とドラマがリンクするところがあるのが見どころ。現場でもああしよう、こうしようと話しながらやって、楽しかった」と振り返ります。

また中川さんは「中2男子くらいのノリでやろうと、監督と話してそのやりました」とのこと。

MCからお互いを「愛され男子」か「ヘタレ男子」どちらだと思うか聞かれると、中川さんは「僕から見たら愛され男子。すごく自然体で、飾らない。ちゃんと男らしい部分もある。とにかく気が合う!接しやすい!今回初めての共演だったんですが、初めて会ったとは思えない感じで、趣味も合った」と伊藤さんを褒めまくります。

それを受けて伊藤さんは「愛され男子、でもヘタレな部分も持っている。悪い意味でなくて、不器用な部分がある」と語ります。

なにやらお二人は「共に育ってきた?」と思うほど気が合うのだそうで、中川さんは「いつか共演したかったというのがあって、やっと共演できた」と喜びを明かしました。

また会場に駆けつけた観客から寄せられた質問に答えるコーナーでは「お二人が高校3年生の時、卒業までにしておこうと思ったことはありましたか?」という質問に、「急にみんな写真撮り出すってなかった?やたらメモリーを増やそう、みたいな。制服も着られなくなっちゃうので」と中川さん。

伊藤さんは「好きな人はいる?制服でデートとかしたほうがいいんじゃないかな。僕ら、街で制服のカップルをみるとうゎ〜!と思いますもん」と答えます。

「撮影の待ち時間にした学生らしいことは?」という質問には、中川さんは「人狼ゲームをしました」と明かすと、伊藤さんは「それ言っちゃいけないやつ……」と答えます。その理由について「女子メンバーと僕ら男子メンバーがいたんですが、僕はみんなが人狼をしているときにギターのシーンを撮っていた。帰ってきたらみんなが盛り上がっていて、途中から入れなくて……」としょんぼり。

さらに「撮影前にするルーティーンは?」という質問には「初日、クランクインとか映画の公開日は赤いパンツを履いている」とぶっちゃけた中川さん! 会場から「今日は何色〜?」と問いかけられると、「秘密!」とはにかんでいました。

一方で伊藤さんは「カメラが回って、本番、よーい!で息をふっとやります」と再現すると会場からは「可愛いー!」との声があがり、照れた表情も見せていました。

映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日全国ロードショーです。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる