オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 沢尻エリカ、小泉今日子に感銘を受け告白「姐さん!ついていきたい!」

沢尻エリカ、小泉今日子に感銘を受け告白「姐さん!ついていきたい!」

9月22日(土)、映画『食べる女』公開記念舞台挨拶が丸の内TOEIにて行われ、小泉今日子さん、沢尻エリカさん、前田敦子さん、広瀬アリスさんらが登壇しました。

『食べる女』は、筒井ともみさんによる『食べる女 決定版』の短編集を映画化。

雑文筆家でありながら古書店を営む・敦子(小泉さん)を筆頭に、年齢・職業・価値観も様々な8人の女たちが、おいしいものを心置きなく、好きなだけ食べる、女の本音満載な物語です。

沢尻さん演じる敦子の担当編集者は、劇中、ユースケ・サンタマリアさん演じるサラリーマンと“いい仲”になりますが、そこには爆笑エピソードが……。

「ユースケさんとは“初めまして”でしたが、全然その感覚もなくて、本当に面白い方で。ユースケさんは美容がすごく趣味みたいで、びっくりしたんです」と意外な素直を明かすと、登壇の女優陣も「ええ」とどよめきます。

「休憩の間も、ずっと美容の話をしていて(笑)。私も一応、女優をやっているんで美容系とかも詳しいんですけど、私よりも詳しくて(笑)、そのギャップが面白かったです」と伝え、さらには「ふたりの絡みのシーンの前に、何かちょっと顔をやってきたみたいで、“上がってる、顔!!”みたいな(笑)、相当面白かったです」と、ユースケさんの女子力の高さにおののいたとのこと!

そして、「幸せだな、満たされているな」と感じときはどんなときかと司会から振られ、広瀬さんが「筋トレをするのが好きで、筋肉がプルプルして“もうこれ以上無理”って瞬間が好き(笑)」と微笑むと、沢尻さんが速攻「マゾだよね?」と突っ込み、「結構追い込むのが好きで快感です(笑)」と広瀬さんが笑顔で応える仲の良さも見せました。

タイトルの『食べる女』にかけて、自分が「どんな女」かを表現することになると、小泉さんは「ツナグ女」と掲げます。

「元号も変わり、昭和から見てきて、この世界の中で36年くらいお仕事をしてきて、たくさんの恩師や先輩たちに会いました。教えていただいたことを、次の世代につないでいかないといけない世代だろうなと思います」と真摯に語る小泉さん。

小泉さんの言葉に感銘を受けた様子の沢尻さんは、「ついていきたいです、本当に!姐さんについていって、人としても、役者としても大先輩なので、勉強できるところがいっぱいしていきたいです!」と決意を告げると、小泉さんは「しっかりしないといけない(笑)」と穏やかに微笑んでいました。

ちなみに、週明けの24日は十五夜ということもあり、この日は舞台上に巨大なお月見団子も用意され、ワイワイと大きなお団子を眺めて楽しんだ美しき女優陣でした。

『食べる女』は全国ロードショー中です!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる