オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 佐野勇斗、ハロウィンの仮装は「豚か魔人ブウ」

佐野勇斗、ハロウィンの仮装は「豚か魔人ブウ」

映画『3D彼女 リアルガール』のハロウィンイベントが26日に開催され、主演の中条あやみさんと佐野勇斗さんが登場しました。

公開から2週間が経過した『3D彼女 リアルガール』。周りからの反応を聞かれた中条さんは、「こんな泣ける映画だと思ってなかったって言われて、本当に色々な人にコメントいただけて嬉しいです」とコメント。

佐野さんは「知人、友人からいっぱいLINEで連絡がきて。めっちゃ感動したとか、面白かったよと言われて……嬉しいですね〜」と笑顔を見せました。

今回はハロウィンイベントということで、お二人は劇中のハロウィンシーンの衣装で登場。

中条さんは、佐野さん演じる“つっつん”こと筒井光が大好きな『魔法少女えぞみち』のコスチューム、佐野さんはマントにタキシード姿。

撮影していた時以来、およそ1年ぶりに着た今回の衣裳。「当時の衣装を着ると、気持ちが撮影した時に戻って懐かしいなと思います。この衣装は手作りで、細かい羽を手でつけてくれた特注品なので、とても思い入れがあります」と中条さんが撮影の時を振り返ります。

佐野さんは劇中とは少し違う衣装を身につけているそうで、「劇中ではかぼちゃをかぶってたんですけど、忘れちゃったんですよ(笑)。イメージとしてはカボチャマン?カボチャ男?という感じですかね(笑)。この衣装を着ているシーンは大事な場面だったので、フラッシュバックしますね」としみじみ話しました。

すると中条さんが突然会場に向けて「みなさん(佐野くん)かっこいいですかー!?」と大きな声で質問を投げかけます。

しかし会場のお客さんは、タキシード姿の佐野さんにときめいて声が出なかったのでしょうか、「かっこいい!」と聞こえてくる声が思いの外少なく、「あれ?3人……?」と佐野さんは悲しそうなリアクションを見せていました。

続けて、“ハロウィンでやりたいこと”を聞かれた佐野さんは「所属するグループ“M!LK”のみんなで、トイストーリーか、ドラゴンボールの格好をして踊りたい。僕のイメージカラーがピンクなので、やるなら、トイストーリーなら“ハム”っていう豚。ドランゴールなら魔人ブウ。ピンク色だし。そのどっちかやりたいですね」と真面目に解凍されていましたが、豚か魔人ブウという意外な選択肢に、中条さんを含め会場の皆さんも笑っていました。

中条さんはまだ何の仮装をするか考えていないそうですが、ハロウィンには地元の大阪に帰って、顔が見えないような仮装をして家族で街をぶらぶらしたこともあるそう。もしかしたら今年も仮装した中条さんが街中を歩いているかも?

最後には二人からの挨拶があり、佐野さんは「僕の役者人生の中で、こんなに僕が愛した、大好きな作品になったのはこれが初めてで、一緒に作ってきたスタッフさんの愛があってのことでした。ぜひ皆さんにも愛してもらえればと思います。ありがとうございました!」と熱のこもったコメントを残してくれました。

中条さんは「今日はありがとうございました。たくさんの人に3D彼女が愛されることを祈ってます。ハロウィンの時には3D彼女のコスプレもしてください!SNSあげてください!見てます!」と、とびきりの笑顔で締めくくってくれました。

【関連記事】

南方 篤
カメラマン/ライター
Webメディア編集部の社内カメラマンとして、インタビュー時のポートレート撮影、記事執筆、イベント取材などを担当。その後、ウェブマーケティング職を経て本格的にカメラマンとしての活動を開始。
Recommend
検索窓を閉じる