オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「いろいろな現場に行った」2018年を終え、2019年は?稲葉友にロ…

「いろいろな現場に行った」2018年を終え、2019年は?稲葉友にロングインタビュー

あなしんさんの人気コミックを実写映画化し、「バスケ×友情×恋」に励む青春物語『春待つ僕ら』にて、主人公・春野美月(土屋太鳳さん)が出会う“バスケ部男子”のひとり、宮本瑠衣を演じた稲葉友さんの単独インタビュー後編をお送りします。

前編では、作品の撮影時のエピソードや、共演者との「はじめまして」のときからの思い出について、振り返っていただきました。

引き続き、後編では、稲葉さんにとっての2018年はどんな年だったのか、総括コメントをいただいてまいりました!

Q:前編でも多くを語っていただきましたが、『春待つ僕ら』は稲葉さんのこれまでのキャリアの中でも、どんな立ち位置の作品として残りそうですか?

稲葉友(以下、稲葉):いい思い出、であることには間違いないです。その一言だとあれですけど、そういう意味で言うと『春待つ僕ら』を足掛かりに、と思っています。単純にいろいろな人が観てくれるだろうと信じているので、ちゃんと生かしたいなというか、参加した意味があるようにしたいとは考えています。

Q:あれですかね。本作を機に2019年、青春系作品がブワーッと舞い込んだら……。

稲葉:やらせていただけるのであればそれはもう、「僕でよければ頑張ります!」という想いでいっぱいです。本当に、いろいろな需要が自分にあればいいな、と思っているので。

Q:では、2018年はどんな1年でしたか?

稲葉:いやあ、結構きつかったな。今年は振り返ると、いろいろでした。挫折もしたし、喜びもしたし、へこみもしたし。いろいろな変化が、仕事でもプライベートでもあったなって。結構耐え忍ばなきゃな、という部分が多かったような気はしていますね。

でも、ちょっとへこんでいるほうが安心する、みたいな節があるのは、そこからまた上がれると、どこかで信じているからかな。『春待つ僕ら』も含め、いろいろな現場に行かせてもらえたと、振り返って今思いますね。

Q:いろいろなところで稲葉さんの名前を見たような1年だった気がします。

稲葉:そうですか、ありがとうございます。ゲストだったり、レギュラーだったり、京都での撮影の映画があったり、映画もドラマもやらせてもらったりとか。今の時代、本当にいろいろな形の作品や媒体があるんだなってことを、身を持って感じられました。テレビ、インターネットの配信、専門チャンネル……たくさんあるってことを頭ではわかってはいたんですけど、すごく体感できたので。そういう意味では……もっと働こうと思いました(笑)。

Q:いろいろ選択肢も広がっているというか。

稲葉:そう。よくも悪くもだとは思うんですけど。どこがメインストリームでも、どこにでもいられるようにしたいので、いろいろな人と関わって、ちゃんと裏切りのないように、誠実に応えて向き合っていきたいです。そうすれば、たとえ時代が変わっても置いていかれないでついていけるんじゃないかな、と。そう思いながら、今年は生きていましたね。

Q:では、いろいろ考えたりするような年だったんですね?

稲葉:うん、そうですね。やっぱりやったことは返ってくるし、やられたことも跳ね返っていったりしますし。いいことをしたら、いいことが返ってくる。

Q:因果応報ですね。

稲葉:悪いことをしたら、悪いことが返ってくるから(笑)。毎年「これ」というような目標はないんですけど、2019年に関して言えば、起爆材料を増やしたいな、というのはすごくあります。外から見て、もうちょっと確立した部分で「稲葉友って○○だよね」みたいなものを、いろいろな人にイメージを持ってもらえるといいなあ、と思います。単純に認知度が上がることもそうですし、頑張らないとな、って。認知度は、仕事をしてその姿を見つけてもらって上がるものだと思うんですけど、自分の動きでできることをもうちょっといろいろやっていこうと考えています。

Q:俳優以外にも何かを、ということでしょうか?

稲葉:俳優はもちろんなんですけど、面白そうだなと思う企画が身の回りにいろいろあったりするので、「できそうだな、やってみたいな」とか、乗っかれそうなところはなるべく乗っかっていこうかな、と。今のうちだなという感じもいろいろあるので、自分としては乗っかれるような技術とかスキルとかも身に着けていけたらな、と思っています。

Q:周りに面白い企画があるという時点で、稲葉さんはやはり顔の広い人だと感じたのですが、交流は広めなんですか?

稲葉:うーん、勝手に友達は多いような気はしていますね。「本当に仲がいいのは誰?」と言われても、みんなと仲がいいと思いますし。知っている人が多いかもしれないですね、単純に(笑)。「共演してないよね?」と言われたら、「共演してないね」という人もいっぱいいるんだけど、共演していても、していなくても、単純に僕らの世代は人が多いからっていうことかもしれないです。

Q:そうでしたか、ありがとうございました。では、最後にNOSH読者にメッセージをお願いします。

稲葉:NOSHの読者の皆さま、いつもありがとうございます。映画『春待つ僕ら』は、あなしん先生の漫画原作ですから、読んだ皆さんが愛して、それで僕らがやらせていただけるという運びで映画化となりました。本当に愛がつまった原作で、キャラクターの関係値だったり、描写の深さとか、読み込めば読み込むだけ、どんどん奥に進ませてくれて、それが脚本という形で僕らに渡ってきました。このメンバーでその作品を立ち上げられたことが、本当に楽しかったですし、幸せでした。今、青春を過ごしている方も、過ぎ去った方も、これから青春を迎えるという若き皆さまも、誰彼構わず、本当に観てほしい作品になっております。映画ですので、映画館でぜひ観てください。よろしくお願いします。(取材、文:赤山恭子、写真:長井太一)

【関連記事】

■稲葉友さんサイン入りチェキをプレゼント!

NOSHでは稲葉友さんサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼントします♡

【応募方法】

1:NOSHの公式Twitterアカウント(@nosh_media)をフォローし、以下ツイートをRTしてください。

2:以下、応募フォームより必要事項を記入して送信してください。(NOSH運営会社(株)TBSテレビのサイトに移動します。)

※ 当選者の方に限り、NOSH編集部よりDMにてご連絡いたします。応募期間後もアカウントのフォローをお願いします。また、当選のご連絡後、2日間ご返信がなかった場合は無効となりますので、ご注意ください。

【応募期間】

2018年12月13日~2018年12月20日まで

【注意事項】

※ 鍵付きアカウントは応募状況の確認ができないため、無効といたします。

※ 本プレゼントキャンペーンにおいて、不適切な行為がされていると判断しましたアカウントは、対象外となります。

※ 本プレゼントキャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用は読者様のご負担となります。

※ 応募時の内容に記載不備がある場合は、無効となります。

※ 抽選に関するお問い合わせは一切お答えいたしかねます。

Recommend
検索窓を閉じる