オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 吉沢亮にインタビュー!共演した新木優子&杉野遥亮は「華がある感じが素…

吉沢亮にインタビュー!共演した新木優子&杉野遥亮は「華がある感じが素敵」

女性を中心に、爆発的人気を誇る俳優の吉沢亮さん。

吉沢さんは、ドキドキの恋とキラキラの夢を追いかける、幼なじみ3人のシンデレラ・ラブストーリー『あのコの、トリコ。』(10月5日公開)で主演を務めました。

幼い頃に“あのコ=立花 雫(新木優子さん)”と交わした 「3人で一緒に映画に出よう!」という約束を、すっかり忘れたつもりだった鈴木 頼(吉沢さん)。

しかし、東京の芸能コースがある高校に転入し、女優という夢に向かって邁進する雫と再会した頼は、彼女の付き人として同行しつつ、ひょんなことから自分も表舞台に立つことになります。

地味で冴えないメガネ男子の頼が、大好きな雫のために格好よく変わっていく様子を、説得力を持って演じた吉沢さんに、NOSHが単独インタビューを実施しました!

Q:『あのコの、トリコ。』では吉沢さん演じる頼が主人公です。男の子が主軸になって進むラブストーリーについて、どう思いましたか?

吉沢亮(以下、吉沢):物語において「男目線で進む」ことは、まず珍しいですよね。その分、頼の人間的な部分というか、格好いい部分を断片的に映すのではなく、ちゃんと人として、物語をつなげられたのが良かったな、と思います。

Q:演じた頼という人物を、吉沢さんご自身がどのように捉えたのかを教えてください。

吉沢:頼は、やっぱり普通に格好いいな、と思いました。普段は全然イケていないし、根暗で友達もいない、みたいな感じだけど、好きな子のためだけに、自分の殻を破れるところがある男なんです。「自分がこうしたいから」というより、「この子(雫)のために、こうしてあげたい」という動機で自分を変えられることは、男として「すげえな……」と思います。

Q:役作りは、どのようにしていきましたか?

吉沢:格好悪さと言いますか、ダサさをどう描くかを、宮脇(亮)監督とも一番話し合いました。原作だと、普通に“格好いい”んですよ。でも、頼の成長みたいなところを描けたら、僕自身も一番面白いんじゃないかなと思っていたので、ダサさはひとつポイントでした。イケていないところから変わるギャップとか、作品を通して、彼の中に夢みたいなものがもともとあったことを思い出して、どんどん成長していくところをしっかり描けるようにというのは、すごく意識しながらやっていました。

Q:序盤のシーンはたどたどしい動きが多かったですが、そのあたりもこだわりポイントでしたか?

吉沢:そうですね。それこそリュックの持ち方とか、歩き方とかもそうだし。髪型とか、メガネの形とか、外見的な部分でも、すごくいろいろとこだわりました。メガネも結果的には原作に近い形になったんですけど、何種類もかけて、どれが一番「頼っぽい?」と話をしながらやっていました。

Q:頼が想いを寄せる雫役の新木さん、ライバルである東條 昴役の杉野遥亮さんとの共演については、いかがでしたか?

吉沢:ふたりとも役にピッタリでした。優子ちゃんはまんま雫というか。すごく明るいし、誰にでも優しいし、それこそ裏表みたいなものが全然ない子なんです。内面から、すごいピッタリだな、と思っていました。遥亮も、すごくいい子で。原作でも映画でも昴はチャラそうに見えるけど、実はすごく芯がある男だったりするから、彼のピュアさとか真面目さみたいなものが原作以上に出ていて、すごく魅力的だったなと思います。

Q:吉沢さんから見て、ふたりの人柄が今回の役にもハマッていたんですね。

吉沢:すごく役にピッタリでした。あとは、何と言っても、映ったときの華がある感じが、やっぱり素敵ですよね。この作品に限らずですけど、映った瞬間にこちらがドキッとなるパンチみたいなものは、ふたりがすごく持っていて。それを観ても、「この映画いいな」と思いました。

Q:以前、新木さんにお話を伺った際に、「幼なじみの役だから現場でコミュニケーションは意識していた」とありましたが、吉沢さん的には撮影の雰囲気は?

吉沢:めちゃくちゃ楽しかったです!カメラが回っているときも、回っていないときも楽しかったし、結構3人でワイワイやっていたりしました。優子ちゃんは結構一緒だったんですけど、遥亮は撮影が一緒だった瞬間がそんなに多くなかった気もしますが、でも結構3人でいた印象があります。

Q:3人でいた中でも思い出深いシーンはどこでしょうか?

吉沢:劇中『ロミオとジュリエット』を撮っているシーンがあるんですけど、2日ぐらいかけて撮った記憶があります。かなり大がかりな感じでした。そのときも、3人とほかの役者さんたちも含め、トランプゲームをやったりとかして(笑)。皆で和気あいあいとやっていましたね。

Q:作品を観て、3人で感想を言い合ったりとかもしましたか?

吉沢:あ……していないです!感想、聞いていないですね。そう言われると、どういう目線で観たのか気になりますね。(取材:編集部、文:赤山恭子、写真:岩間辰徳、スタイリスト:荒木大輔、ヘアメイク:小林正憲(SHIMA))

インタビューは後編に続きます。

☆後編はこちら

【関連記事】

 

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる