オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 吉沢亮が語るデビュー当時の思い出&最近のオフ事情「家飲みをやめる…」

吉沢亮が語るデビュー当時の思い出&最近のオフ事情「家飲みをやめる…」

幼なじみ3人のシンデレラ・ラブストーリー『あのコの、トリコ。』(10月5日公開)にて、“あのコ=立花 雫(新木優子さん)”に想いを寄せる鈴木 頼を演じた、吉沢亮さんによる単独インタビュー後編をお送りします。

前編では、頼という人物を演じた上でのポイントや、共演した雫役の新木さん&ライバルである東條 昴役の杉野遥亮さんについて、語っていただきました。

☆前編はこちら

引き続き、後編では、吉沢さんのデビュー当時の話や、お休みの日の過ごし方、よく飲みに行く俳優仲間までお話いただきましたので、お楽しみください!

Q:頼が役者の卵として奮闘する部分も描かれていましたが、吉沢さん自身がデビューしたときと重ねたり、共感できたりする部分はありましたか?

吉沢亮(以下、吉沢):ないです!頼は僕なんか比較にならない……彼は、もう最強ですよ。デビューしてすぐ映画の主演ですからね。頼は周りに恵まれているのもありますけど、絶対努力している人だから、その辺は見習わなきゃな、と思いましたね。……今は僕も努力していますけど(笑)。

Q:本作ではNissyさんの書き下ろした楽曲『トリコ』も、皆さんが踊る“トリコダンス”の動画とともに非常に話題になっています。最初に聴いたときのことを覚えていますか?

吉沢:頼の心情なのかな、と思って聴いていましたね。「何もかもダメな僕だけど、君だけは離さない」みたいなところでは、特に頼が普段言えないことをすごくストレートに歌詞に乗せていただいたと思いました。歌詞の中に「雫」という言葉が入っていたり、タイトル自体も『トリコ』だし、作品とリンクしている部分がいろいろあって、聴いていて楽しかったです。

Q:ところで、普段お忙しい吉沢さん、お休みの日はどう過ごされているんですか?

吉沢:何もしない、です。基本的に、家で漫画だけ読んでいますね。飲みに行ったりすることもたまにはありますけど、基本的には家で飲むことが多いです。……でも、最近は家飲みはやめよう、と思って。

Q:閉じこもってしまうからですか?

吉沢:それもそうだし、そんなに外では飲まないので、家で飲むことをやめれば、お酒を抜くっていうタイミングを作れると思っていて。とりあえず外で飲む、というのを意識しているんです。

Q:よく飲みに行かれる俳優さんとかは、いらっしゃるんですか?

吉沢:うーん……。“この人”っていうのは……。でも千葉雄大くんとかは昔から仲良くさせてもらっていて、たまに行っています。

Q:ありがとうございました。最後に、NOSH読者に向けてメッセージをお願いします。

吉沢:この作品は「キュンキュン」と「キラキラ」がたくさん詰まっています。学生時代のよくある、「何か好きになったらそれしか考えられなくなる」くらいの感情とか、夢に向かって頑張る気持ちをすごく描いている作品なので、楽しんでいただけるんじゃないかな、と思っています。

Q:どなたと観てほしい、などのおすすめはありますか?

吉沢:そうですね~……。普通に恋人同士で観ていただいたり、友達同士で観ていただいたりしても面白いですし、ある意味ポップで可愛らしい作品でもあるので、普通に家族で観ていただいても楽しんでいただけるのかも、という気はするんです。恋愛の話ですけど、ドロッとしている部分があるわけでもないし、夢に向かって頑張っているシンデレラストーリーなので、いろいろな人と観に行って楽しんでいただけるんじゃないかな、と思います。(取材:編集部、文:赤山恭子、写真:岩間辰徳、スタイリスト:荒木大輔、ヘアメイク:小林正憲(SHIMA))

【関連記事】

■吉沢亮さんサイン入りチェキをプレゼント!

NOSHでは吉沢亮さんサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼントします♡

【応募方法】

1:NOSHの公式Twitterアカウント(@nosh_media)をフォローし、以下ツイートをRTしてください。

2:以下、応募フォームより必要事項を記入して送信してください。(NOSH運営会社(株)TBSテレビのサイトに移動します。)

※ 当選者の方に限り、NOSH編集部よりDMにてご連絡いたします。応募期間後もアカウントのフォローをお願いします。また、当選のご連絡後、2日間ご返信がなかった場合は無効となりますので、ご注意ください。

【応募期間】

※チェキの応募は締め切りました。

【注意事項】

※ 鍵付きアカウントは応募状況の確認ができないため、無効といたします。

※ 本プレゼントキャンペーンにおいて、不適切な行為がされていると判断しましたアカウントは、対象外となります。

※ 本プレゼントキャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用は読者様のご負担となります。

※ 応募時の内容に記載不備がある場合は、無効となります。

※ 抽選に関するお問い合わせは一切お答えいたしかねます。

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる