オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > いじらしく愛らしい!男が「ついOKしてしまう」おねだりテク

いじらしく愛らしい!男が「ついOKしてしまう」おねだりテク

おねだりって、意外と難しいですよね。

彼氏でもない男性に、甘え上手な女性はどうやっておねだりを成功させているのか、そのテクニックさえ知れば、おねだり下手から卒業して、おねだり上手な女になれると思いませんか?

そこで今回は、男性がついOKしてしまうおねだりテクニックをご紹介。

おねだり上手な女になって、“良い思い”しちゃいましょう!

 

■猫なで声で声色を変える

おねだりの時は少しだけ“声色”を変えてみると、おねだりが成功しやすくなるようです。

おねだり上手な女性は、俗に言う“猫なで声”でおねだりして可愛さをグンと高めているので、おねだりが成功するのかもしれませんね。

やり過ぎるとあざとく思われますが、効果は抜群なので、是非試してみて下さいね。

 

■おねだりの時だけ色仕掛け

おねだりの時だけ優しさや愛想を振りまき、ボディタッチや体を密着させ“色仕掛け”を使うのが、おねだり成功のテクニック。

あざといとわかっていても、そこまでされたら男性も鼻の下が伸び、何より悪い気もしないため、ついついOKしてしまうのではないでしょうか。

抵抗を感じる女性もいるかもしれませんが、おねだりを成功させたいなら、“女の武器”をフル活用してみましょう。

 

■いじらしく愛らしい!無言のおねだりテクニック

攻めのおねだりテクニックが苦手な女性には、“無言のおねだりテクニック”がおすすめです。

「欲しい物をじっと見つめる」「何も言わずに男性の瞳を見つめて訴える」「買えない残念な気持ちを表現する」など、多少の演技は必要ですが、コレなら攻めのおねだりが苦手な女性にもできるのではないでしょうか。

無言でも効果は高く、“いじらしさ”や“愛らしさ”が伝わって、男性の財布のヒモが緩くなること間違いなしなので、おねだり初心者は、無言のおねだりテクニックから試してみるといいかもしれませんね。

 

「お財布の中身が寂しいな」って時でも、可愛くおねだりされたら、ついOKしてしまうのが男という生き物です。

「しょうがない」と思いながらも、男性は心のどこかで満足感に浸っているのですから、おねだりを成功させるには、気を遣わずに思い切りテクニックを駆使することが大切ですよ。

【画像】

※  Jacob Lund

【関連記事】

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる