オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > アラサー女がドン引きした「彼氏がドケチ男だった」エピソード

アラサー女がドン引きした「彼氏がドケチ男だった」エピソード

彼氏と付き合っていて、「この人、ケチだな~」と思ったことってありますか?

食事代しかり、デート代しかり、男性に奢ってもらいたい気持ちって、どこかしらにありますよね。

もちろん、お互いにお金に余裕がなかったり、デート続きだったりすると、割り勘もアリだと思うのですが。

彼氏が度を超えたドケチだと、付き合いを考えてしまうこともありそう。

今回は、そんなアラサー女性が思わずドン引きした、彼氏がドケチ男性だったエピソードをご紹介します。

 

■1円単位まで割り勘

「基本、彼はドケチですね。それでも、付き合う前のデート代は、数回奢ってくれたんですよ。それがいつからかな。初めてのエッチのときもホテル代請求されましたし、ご飯代も食事が済むなり、スマホ取り出して電卓で小数点まで計算して、遠回しの請求。毎回のデートがそんな感じなので、なんかちょっとなあ……な気分です。」(28歳/女性/販売)

いくらケチとはいえ、初体験のホテル代、毎回のデート代が1円単位まで請求されるのは、ちょっとイヤですよね。せめてふたりの関係ができ上るまでは、奢ってもらえたほうが、大事にされている感がありますし、それだけ本気さも感じられるもの。

お互いの経済状態もあるので難しいですが、彼のほうが年上で収入も上なら、「じゃあ2000円でもいい……?」と、ちょっと甘えるようにお願いしてみては?

数十円でも奢ってもらえたら、女性としては嬉しいですし、「彼も数十円くらいなら……」と考えられるのでは。

 

■デート時の格好をケチっている

「デートで着てくる彼の格好が、いつもダサいのが気になっています。“もうちょっとオシャレにしたら?”って言っても、“お金がもったいない”の一点張りで。それがある日のデートのとき、なんだかオシャレな格好をしていたので“どうしたの?”と聞いたら、“仕事の打ち合わせがあったから”って。そういうときにはしっかりとお金を使うんだ……。」(28歳/女性/IT)

デート時の格好って気になりますよね。オシャレな格好をしていれば、それだけ自分のデートを楽しみにしてくれていたんだと、嬉しくなるもの。あまりに格好がダサいと、「自分との恋は本気じゃないの?」と疑ってしまいそうです。

あなたに余裕があるなら、誕生日のきっかけに、彼に洋服のプレゼントをしてあげては。ほかにも、まずはふたりの関係をしっかりと図ることも大事ですね。

ふたりの仲が深まれば、彼の気持ちも確かになり、あなたとの付き合いを大事にしていきたいと思うのでは。

 

■お金の使い方に文句

「“それっていくらしたの?”とか、“そんなに高いの買って……”って、人のお金の使い方にあれこれと言ってくるのは気になる。こっちはあなたのケチに口を挟まないのに、向こうは挟んでくるんですよね。」(27歳/女性/サービス)

彼がケチだからこそ、相手のお金事情が気になるのかもしれませんね。お互いが高いものを買っても「おお、すごい。お金持ちだね~」と、調子を合わせられれば、お互いに気持ちよく一緒に居られそうですが。

あまり気に留めず、「だって欲しかったんだもん」「そういう〇〇は、高いものとか買わないの~?」とあしらうことで、ヘンにケンカになることを避けられるかもしれません。

 

ドケチな彼を持つと、幻滅してしまうこともあるかもしれませんが……そんな彼をどこまで受け止められるのか?

ふたりの付き合いに、どう生かせられるかがポイントになってきそうです。

【画像】

※ Syda Productions/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる