オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 有村架純、ドラマデビューする岡田健史の「感謝」発言連発に笑み

有村架純、ドラマデビューする岡田健史の「感謝」発言連発に笑み

有村架純さんが、6日、都内で行われたTBS火曜ドラマ『中学聖日記』制作発表会見に出席。本作が芸能界デビュー作品になる岡田健史さんの初々しさに笑みをこぼす一幕がありました。

同ドラマは『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中のかわかみじゅんこさんによる同名漫画が原作。不思議な魅力を持つ中学生・黒岩晶(岡田さん)に心惹かれていく女性教師・末永聖(有村さん)の心の葛藤や2人の“禁断の純愛”を描いています。会見には、2人以外にも共演者の町田啓太さん、吉田羊さん、夏川結衣さんも出席しました。

有村さんは本作の役どころについて「聖として晶に向かっていく気持ちをどう表現していいのか、日々悩むところがあります」と吐露。続けて「そういう葛藤がこの作品をよくさせるんじゃないかなと思います」と前向きにコメントしました。

また、役柄が国語の先生ということで、20代で中学生を教えている国語教師の方に話を聞いたと言います。「役を少しずつ作り上げました」と回顧し、実際に教壇に立つと、教師に対する気持ちに変化があったと明かし「お話を伺ったのは大きかったです」と振り返りました。

会見中、緊張の面持ちだった岡田さんは「たくさんの方々のおかげで晶として生きていられていると思っています」と話し、撮影に入る前は、監督とマンツーマンで本読みをし、感情の表現方法などをイチから学んだとのこと。

続けて「スタッフの方や共演者の方に支えていただきながら一緒に作っています。毎日が勉強で刺激的で感謝が溢れる日々です」とフレッシュなコメントをすると、有村さんや吉田さんら登壇者を含め会見場に笑いが起きました。

また、有村さんと初対面した時の印象を聞かれると「画面越しで観ていた方なので、“おー”と思いました」と発言。またもや会場は爆笑します。「でも、有村さんに限らず、皆さんが歩み寄ってくださったので、そういう面でも感謝の気持ちしかないです」と明かしました。

そんな岡田さんの演技について共演者の方は口をそろえて「まっすぐお芝居をされる方」と表現します。

吉田さんは「邪念がないので、逆に受けて立つこちら側が、小手先でお芝居をしようとすると見透かされる怖さがあります」と絶賛。しかし「ご一緒した時にアドリブをかまされまして」と暴露し、岡田さんを慌てさせていました。

第一話をすでに観たという岡田さん。思い入れが強く冷静に観ることができなかったと語ります。しかし「エンドロールにスタッフの皆さんの名前が映し出された瞬間が、一番うれしかったです。“この人たちのおかげで自分はこの場に立てているんだ”という思いが強くなりました。本当に感謝しています」と再び感謝発言をし、会場を笑いに包んでいました。

TBS火曜ドラマ『中学聖日記』は、10月9日(火)よる10時よりスタートします。お楽しみに!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる