オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 嘘くさい家庭アピール…アラサー男が激白「必死すぎる婚活女」の恐怖エピ…

嘘くさい家庭アピール…アラサー男が激白「必死すぎる婚活女」の恐怖エピソード

「次の出会いこそ、結婚に……。」

そんな強い思いを胸に婚活をしていると、どうしても男性に“必死さ”が伝わってしまうもの。男性はそんな婚活女性を見ると、「こいつ、ないわぁ」と敬遠してしまうといいます。

そこで今回は、20~30代独身男性を対象に“婚活女”に関するアンケートを実施! こっそり恋人候補から外し“ドン引き女”のエピソードをご紹介します。

 

■出会ったばかりで条件チェック!

「初めて参加した婚活パーティーで出会った女性から“年収いくら?”“どこの銀行?”“出身地は?”“長男?”と質問攻めされてウンザリ!最終的には“へぇ~”って一人で頷きながら立ち去って……。どんだけ条件チェックに必死なんだよ。」(29歳/金融)

少しでもハイスペックな男子を求めて必死なのは分かりますが、出会ったばかりで年収や貯蓄額、家族構成を細かく聞き出すと、相手に不快感を与えてしまいますよ。

ある条件を満たしているからといって、幸せな結婚が手に入るとは限りません。もっとあなたらしい物差しを使って、結婚相手を見極めましょう。

 

■付き合ってもいないのに結婚話

「合コンでいい雰囲気になった女性から“結婚したらどこに住みたい?”“仕事は続けてほしい?”と聞かれて思わず“えっ?”と聞き返してしまった。だってまだ付き合ってもいないのに結婚話をされても、正直ドン引きするだけだから。」(31歳/メーカー)

結婚への憧れが強すぎて、つい男性の前で「結婚したら……」の妄想話をしていませんか? 男性はそんな女性を見ると「焦りすぎだろ!」とドン引きしてしまうといいます。

交際前の男性に向かって将来の話をしたら絶対にダメ。具体的な結婚話をするのは、付き合ってしばらく経ってからにしましょう。

 

■やればやるほど嘘くさい家庭アピール

「可愛らしい雰囲気の女性が突然“私、最近料理教室に通い始めて……”と自己アピールを始めたときはガッカリだった。男って確かに家庭的な女性が好きだけど、押し売りされると“こいつ、焦ってるな”って冷ややかな目で見てしまうところがあるからやめた方がいい。」(30歳/公務員)

家庭的な一面を見せたら、男性がコロッと落ちると思ったら大間違い! 「料理が得意なの」「趣味はお菓子作り」なんてアピールをすればするほど、男性たちの心は離れてしまいます。

たとえ本当のことでも、自分から「〇〇できる」「〇〇が得意」なんて発言をしてはいけません。男性はちょっと控え目で奥ゆかしい女性に惹かれることをお忘れなく……。

 

婚活期間の長い女性ほど、“結婚”への焦りから男性をゾッとさせるようなうっかり言動をしがち。

あなたも過剰なアピールや失礼な振る舞いで、幸せな結婚を遠ざけてしまわないようくれぐれもご注意を……!

【画像】

※ Goran Bogicevic/shutterstock

【取材協力】

※ 20~30代独身男性

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる