オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 中川大志「僕ら愛されている」と決めるものの、伊藤健太郎からツッコミ

中川大志「僕ら愛されている」と決めるものの、伊藤健太郎からツッコミ

映画『覚悟はいいかそこの女子。』初日舞台挨拶が10月12日行われ、中川大志さん、唐田えりかさん、伊藤健太郎さん、甲斐翔真さん、若林時英さん、小池徹平さん、井口昇監督が登壇しました。

本作は集英社発行の少女漫画雑誌『マーガレット』で、2014年から掲載された同名漫画の実写化。主演の中川さんは、超絶イケメンの“愛され男子”だけど、恋愛経験ゼロの“ヘタレ男子”古谷斗和を演じます。

公開初日を迎えて中川さんは「初日は本当にドキドキする、皆さんの映画を見終わった顔が見れて嬉しいです」と挨拶し、「ドラマの放送もあって、撮影から今日まで長かった。やっと公開だなという感じがする」と感慨深いご様子。

美術教師で中川さん演じる斗和の恋敵にもなる小池さんとの共演については、「徹平さんとのシーンはそんなに多くはなかったけど、本当の先生のように、僕たちに全く気を使わせることなく、優しく盛り上げてくれた。とにかくスマートで見習いたいと思った」と中川さん。唐田さんも「徹平先生はずっと優しかった。爽やかで、絵しりとりをして遊んでもらったりとか」と褒めちぎると、小池さんは「褒めても何も出ない」と照れ笑いを浮かべます。

そんな小池さんは撮影について「初日が校門のシーンで、その日がたまたま誕生日だったのでケーキで祝ってくれて、みんなで写真を撮った。いい笑顔で写ってくれたんですが、初日なんでどういう距離感で祝ってもらえばよかったのか戸惑いがあった」と振り返ります。

お気に入りのシーンについては「ファミレスのシーンが楽しかった」とのこと。伊藤さんは「ファミレスはアドリブが多かった、変な動きとか。ファミレスのシーンではああしようとか、こうしようとか皆で話し合ってやっていた。僕も色々とやっていたんですが、見事にカットされていました!」と残念そうな表情を見せます。

さらに伊藤さんが「自信があった」という長ゼリフのシーンでは、「早く言った方が面白いかなと思って高速で言ったら、監督にもう少し遅くお願いしますと言われた。何言っているかわかんないって」と気合が入るあまり、空回りしてしまったことも明かしました。

MCから「この中で1番のヘタレ男子は?」と問われると、若林さんを見つめるキャスト陣。中川さんによると「ヘタレというよりおしゃべり男子」とのことで、今日の移動中に1時間以上も監督と映画について語り合っていたのだとか。すると伊藤さんが「時英はずっとしゃべっていて。僕は寝ていたんですが、ぱっと起きたら、時英が補助席をあげて……僕の膝が挟まった!」とハプニングを披露。若林さんはバツが悪そうに「すみません……」とこぼしていました。

また監督から「怖がり」と言われた中川さん。それを受けて甲斐さんは「さっき挨拶するとき緊張してた?中川大志くんにもなると緊張しないのかなと思って」と語りかけます。「毎回緊張する。マスコミの方もいるので、猫被らないと……」とお茶目に話す姿が印象的でした。

続いて「この中で1番の愛され男子は?」と問われると、それぞれが謙遜し合う中、中川さんは「客席を見て、僕ら愛されているじゃん!」とかっこよく決めます。するとすかさず伊藤さんから「言った後に、言ってやったぜ!みたいなのやめて」とツッコミが入り、笑いを取っていました。

映画『覚悟はいいかそこの女子。』は絶賛公開中です!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる