オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 千葉雄大、役者仲間に背中を押された一言「役じゃない時色気ない」

千葉雄大、役者仲間に背中を押された一言「役じゃない時色気ない」

千葉雄大さんが、13日、TOHOシネマズ 新宿にて開催された映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公開記念舞台挨拶に出席。心に残っているというある言葉を明かしました。

ロックスターのシン(阿部サダヲさん)は「声帯ドーピング」を使って4オクターブの音域と世の人々を虜にする声を手に入れていた。ひょんなことから彼と知り合った声が小さいストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆さん)は、彼の秘密を知ってしまって……という内容の本作。イベントには、千葉さん、阿部さん、吉岡さんのほか、田中哲司さん、ふせえりさん、三木聡監督も登壇しました。

まずは、同映画の内容にちなんで「背中を押された一言」について問われます。阿部さんは中学生の頃を回顧し、同級生の母親から「阿部くんはさ、30歳くらいになったら売れるよ!」と突然言われたことを告白。特に役者を目指していなかったわけでもなかっただけに、今になって驚いていることを明かしました。

千葉さんはある役者さんから「役じゃない時に本当色気ないよね」と言われたことを吐露。しかし裏を返せば「演じている時は色気が出ているんだ」と思うようになったと語ります。

そんな千葉さんに阿部さんは、彼の応援グッズを持っている人が多くいる客席を見渡し「(色気が)出ていなきゃこんな“千葉”って出ないよ!」とフォロー。吉岡さんも「千葉さんのファンってめちゃめちゃ暖かいんだなと思いましたね」と同調していました。

ふせさんが「千葉県応援しているみたいになっている」とユニークに例えると阿部さんは「千葉県出身だから嬉しい」とかぶせて会場を笑いに包みました。

また、最近ハイテンションになった出来事について質問が飛ぶと、千葉さんはカラオケに行った日のことを振り返ります。本作の主題歌でシンとふうかが歌う『体の芯からまだ燃えているんだ』が入っていたことを明かし「歌ってみると、キーが高かったので下げたのですが、それだと音痴になっちゃって」と困ったエピソードを述懐。

ふせさんが千葉さんに「かわいい!」と合いの手を入れると「よく言われますぅ」とお茶目に返答しました。最後に改めて「いい曲だな」と思いテンションが上がったと話してくれました。

また、最後には吉岡さんと阿部さん直筆の特性くす玉も披露されました!

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は全国ロードショー中です!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる