オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「何だよもう…」男性が正直うんざりしているトークテーマ

「何だよもう…」男性が正直うんざりしているトークテーマ

二人の仲を深めるためには、やはりコミュニケーションは必須だといえるでしょう。

ところが、会話のテーマによっては、嫌々、聞いてくれている男性もいるのだとか。

そこで今回は、男性が“正直うんざりしているトークテーマ”について、ご紹介しましょう。

 

■愚痴や悪口

職場の愚痴や、友達の悪口。聞かされている男性は、正直うんざり。

愚痴を漏らす本人は、すっきり気分が晴れるかもしれませんが、聞かされている男性側は、よけいなストレスのもととなっているはず。

疲れているのにお構いなしで愚痴や悪口を言っているのなら、ガマンの限界は、もうそこまで来ているかもしれませんよ。

大切な彼の前では、人の愚痴や悪口を言わない。これは鉄板かも。

 

■可愛くない?

女性は可愛いものが大好き。何かと「これ可愛くない?」と、ついつい訪ねてしまうのも、女性の特徴なのでは。

ところが、男性からすると、これがなかなか共感できないライン。なんとか共有しようとするも、正直よくわかってないのが、男の本音。

彼が、話を聞いてくれるからと言って、「可愛くない?」の共有は、なるべく控えた方がいいかも。

 

■恋愛話

他人の恋愛事情が、妙に気になってしまうのも、女性の特徴ではないでしょうか。

また、何かと他人と自分を比較してしまいがちなところもあるのでは。

しかし男は、人の恋愛事情にあまり興味を持てません。そういった話題を振られても、正直「どうでもいい」と思っているのが男の本音かも。

他人のことを語るより、自分たちのこれからを、話し合ってみた方がいいかもしれませんね。

 

■意思のない返答

デートの行き先やプランなど、ふたりでどうしていきたいのかを語り合えるのが、恋愛なのでは。

ところが、何を聞いても「何でもいい」「任せるよ」の返答だと、彼が疲れてしまうかも。

信頼してくれるのは、喜ばしいこと。しかし、まったく意思がないのは、困ったものです。

1つのテーマに沿って、互いの意見を分かち合えるからこそ、恋もまた深まるのではないでしょうか。

 

お互いの関係を深めるには、やはりコミュニケーションが大事でしょう。

自分だけのペースで会話を進めるのではなく、言葉のキャッチボールを心がけるべし。(恋愛専門占い師・そら)

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

占い師そら
恋愛専門占い師
20代、寺院で仏教を学ぶ。新宿歌舞伎、某有名ホストクラブで、売れっ子ホストとなる。持って生まれた天性を働かせ、悩める女性たちの恋、結婚、複雑な愛の相談から成就へと導く。スピリチャル的感性とリアルな体験を組み合わせた、占い師として活躍中。
Recommend
検索窓を閉じる