オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 山下健二郎、THE RAMPAGEボーカル陣に歌声絶賛されニンマリ …

山下健二郎、THE RAMPAGEボーカル陣に歌声絶賛されニンマリ 佐藤寛太はEXILEの曲でコソ練

10月14日、映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、山下健二郎さん、佐藤寛太さん、平沼紀久監督が登壇しました。

映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』は、総合エンタテインメント・プ ロジェクト『HiGH&LOW』の最新スピンオフ映画で、9月28日(金)より3週間限定で公開中。「泣ける」「超笑った」「ハイローのスピンオフとしては完璧」「何回観ても飽きない」などなど、今までのシリーズ作品に引けを取らない好評な感想が数多く挙がっています。

チームのリーダー的存在、ダンを演じた山下さんは「三代目のメンバーが見てくれた。岩ちゃん(岩田 剛典さん)が“面白かった、なんかちょっと悔しい……”と言っていました」と明かすと、平沼監督から「本当に?」とツッコミが。山下さんが「……嘘です!」と打ち明けると会場から笑いが起きます。それを受けてすかさず「いや、本当です!変なこと言うとすぐ(記事に)書かれちゃうから、気をつけないと。危ない危ない~」と笑顔を見せました。

この日は応援ゲストとしてTHE RAMPAGE form EXILE TRIBE のメンバー、総勢16人が登場し、イベントを盛り上げました!

岩谷翔吾さんは本作について「メンバー16人で見ました。笑って、目頭が熱くなるくらいグッときた。すごく感動して、健二郎さんに連絡しました」とのこと。すると山下さんは「長文のLINEがきたんですけど、面倒くさくなって“ありがとう”だけ返しました。気持ちはうれしかったけど、打つのがだるくなって……」と語るとメンバー一同大爆笑。

また『HiGH&LOW』シリーズで佐藤さん演じるテッツの後輩として出演している山本彰吾さんは「(劇中で)セルフが欲しい。僕ら無口キャラではないので!」と平沼監督にアピールする一幕もありました。

本作では山下さん、そして佐藤さんの歌声が披露されていることでも話題を呼んでいますが、ボーカルのお三方に感想を聞くことに。「まさか歌声を聴けるとは思わなかった、劇中歌“IIKOTO”の最初の決めポーズがつぼです。変な意味ではなく、大爆笑して見させていただきました」とRIKUさん、「健二郎さんはパフォーマーとは思えないくらいお上手でした。寛太はボーカルオーデション出身なだけある。カラオケに行っても上手なので」と川村壱馬さん、そして吉野北人さんは「健二郎さんのカラオケのシーンがめちゃくちゃ美声で危機感を感じた。僕も頑張らないと!寛太はカラオケでコソ練していた。EXILEを結構歌っている」とべた褒めされ、恥ずかしがりつつも、うれしそうな表情を浮かべる山下さん、佐藤さん。

山下さんは「ボーカリストからこんなにお褒めの言葉をいただけるとは。自分でもわかっていたけど、上手かったんだなと再確認させていただきました」とドヤ顔。すると平沼監督が「ボツになった曲を聴かせたいな~」とニヤけ、山下さんは「それはダメ!」と必死に止めていました。

またプライベートでも佐藤さんと交友があるという藤原樹さんは「寛太君とは中学生くらいから福岡で一緒なので、東京に来ても暇さえあればLINEします。一緒にいてもしゃべるのを超えて、空気みたいな存在」とコメント。佐藤さんも「お互い、いい暇つぶし相手に使っています。兄弟みたいな感じです」と仲の良さを窺わせます。お店選びは藤原さんが主導権を握っているとのことですが、「僕は意見しますが、だいたい受け入れてくれない。焼肉食べたいといっても“今日は無理”と言って、行かせてくれない」とポツリ。さらに佐藤さんは「最近僕がおごるようになりました、前までは割り勘だったんですが」と気になる支払い事情も教えてくれました。

最後に今日の舞台挨拶について佐藤さんは「日ごろ一緒にいるメンバーとこうやって舞台に立たせていただいてうれしかった」と振り返ります。

そして山下さんも「(公開期間は)残り1週間になったんですが、非常に大切な作品になった。DTCを通して自分たちの強みや武器を見つけられた。作品で培ったものを生かして、今後の役者人生に生かしていきたい」と熱い思いを打ち明けました。

ちなみにこの日、本作に出演している佐藤大樹さんはEXILEのライブツアー中のためお休み。映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』は大ヒット公開中です!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる