オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 知らないと損している…無印良品「ヘアピンケース」の驚きの活用術を発見

知らないと損している…無印良品「ヘアピンケース」の驚きの活用術を発見

単品買いをしたアイシャドウの収納って、意外といい方法が見つからずに苦戦しがちではありませんか?

そんなとき、無印良品の100円で買える“あのアイテム”さえあれば、片付けに手間取る単品アイシャドウが、綺麗に収納できるんです♡

 

■なんとお値段は税込100円!「ポリプロピレンヘアピンケース」

雑多になりがちな小さな単品アイシャドウをしまっておくのに、このうえなく便利なのが『ポリプロピレンヘアピンケース』です。

お値段はなんと税込100円! 100円ショップで買う税込108円のケース類よりプチプラという驚きの価格です。

サイズが、約37×63×厚さ12mmとコンパクトなので、単品アイシャドウを入れるのに最適。

さらには、半透明なので、中に何が入っているか見えやすいのも、アイシャドウケースとして便利な理由です。

そして、このケースがアイシャドウケースとして、忘れるわけにはいかない理由がもうひとつ。

 

■ぱかっと開くからメイクしやすい!

こちらのケースは、開ける際にぱかっと上部が開く仕様になっているので、しまったアイシャドウを使ってメイクするときにも、使いやすい点が魅力。

どんなにコンパクトでアイシャドウにぴったりサイズのケースでも、開き口が狭いと、使うたびに出し入れをしないとなりませんが、このケースなら入れたままメイクできちゃいます。

まさに「そうそう。アイシャドウをしまうなら、こうじゃないと!」と思えるほど、満足度が高い理由は、ここにもあります。

ちなみに、アイシャドウのサイズによっては、ケースの中で動いてしまうことが。

念のため、両面テープやセロハンテープを丸めたものなどを用いて、アイシャドウの裏面を固定しておくと、ズレません。

 

こちらのケースは、名称は『ヘアピンケース』ながら、アイディア次第でいろんなグッズをしまう無駄のないケースとしても話題です。

アイシャドウだけでなく、小さめコスメをぎゅっと詰め込んで、オリジナルのプチメイクパレットを作っても楽しそうです。

税込100円というお手頃価格だから、いくつか揃えておいて、小さなグッズ類を収納するケースとして常備しておくと、なにかと便利に使えそうです。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる