オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 高良健吾“ロス”すぎて、京都に移住?「家賃とかも調べちゃった」

高良健吾“ロス”すぎて、京都に移住?「家賃とかも調べちゃった」

10月14日(日)、映画『多十郎殉愛記』が『京都国際映画祭2018』でクロージング上映を迎え、主演を務めた高良健吾さん、木村了さん、中島貞夫監督が舞台挨拶に登壇しました。

『多十郎殉愛記』は、日本映画界の巨匠・中島貞夫監督の20年ぶり長編最新作。

幕末の京都を舞台に、長州を脱藩し何とか生活を送っている清川多十郎(高良さん)が、見廻組から新撰組に目にものを見せようと多十郎襲撃を企てられます。

上映後の場内に登場した高良さんは、「大きな拍手をいただいて、感極まりそうです。まず、京都で最初にお披露目できることがうれしいです」と、感激の表情。

本作で、見事な殺陣を披露した高良さん、練習について、「殺陣の稽古はとても大きかったです。“斬るのは思いやりだ”と、関係性でできていくものと知れたことは、僕にとってすごく大きかったです」と述懐。

すると、木村さんは「作品の中では(役が)斬り慣れていないので、雑に刀を振ってはいますけど……高良くんと一緒に練習したんだよ!ということはお伝えしたい(笑)」と言うと、場内もどっと沸きます。高良さんも「やった(笑)?」と笑顔で突っ込んでいました。

高良さんが本作ならびに京都に寄せる愛情は並々ならぬもので、「みんなで作っていく1カ月は本当に幸せでした。幸せな時間でしかなかったので、“多十郎殉愛記”ロスもすごかったです」と言い、「京都のあそこら辺って住みやすいのかな、って家賃とかも調べちゃった(笑)。不動産の前とかで、本当に足が止まっちゃうんですよ(笑)」と、ひそかな居住計画(?)も打ち明けていました。

全国ロードショーは2019年になりますが、こうした今、時代劇を送り出すことについて、高良さんは「人を好きな気持ちとかは普遍的で変わっていないと思うし、より豊かな時代だったと思うので、個人的には“月9で時代劇とかも面白いじゃん”と思うんですよね。それくらい、みんなが時代劇に興味を持ってもらえたらうれしいな、と思って現場にいました」と、語っていました。

『多十郎殉愛記』は2019年、全国ロードショー予定です!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる