オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「ここは退屈迎えに来て」橋本愛にインタビュー!「私は基本ノスタルジッ…

「ここは退屈迎えに来て」橋本愛にインタビュー!「私は基本ノスタルジックなんです」

美しさと色気を併せ持つ、女優の橋本愛さん。

橋本さんは、山内マリコさんが2012年に発表した『ここは退屈迎えに来て』の実写映画で主演を務めています。

“私”(橋本さん)は、何者かになりたくて東京に出たけれど、10年が経ち、何となく実家の田舎町に戻った27歳。高校時代に仲が良かったサツキと、ノリで、当時みんなの憧れの的だった椎名くん(成田凌さん)に会いに行くことになりますが……。

青春につきものの痛みと、満たされない苦々しい思いなどを体現した橋本さんに、NOSHがインタビューを実施しました!

Q:山内さんの有名な原作を廣木監督で映画化、その主演にオファーされた心境というのは、どういう感じだったんでしょうか?

橋本愛(以下、橋本):私も発売当時に読んでいて、すごく好きな小説だったので、その映画化に自分が関われるとは「こんなにうれしいんだな」と思いました。廣木監督の映画も、もともと好きで観ていました。特に女優さんがすごく輝いているのを観て、「何をされているんだろうな!?」と思っていて(笑)。その現場に興味があったので、「見られる!」と思い、すごく楽しみでした。

Q:ドキドキワクワクが強かったんですね。不安みたいなものは全然なかったですか?

橋本:常にある不安はありましたけど……。一番は群像劇だったので、やっぱり登場人物みんなが個性豊かに輝く中で、“私”も立っていなければいけないなと思ったところです。どうしようかな……と結構悩んだところではありました。

Q:悩んだ部分は、廣木監督とお話をされて解決を?

橋本:いえ、全然しなかったです。本当に、今回、監督から演出をほぼされなかったんです。周りのみんなが演出されているのを見て、「いいなあ……」と思いながら(笑)、自分でずーっと考えてやっていました。

あと、当時、小説を読んでいたときも、“私”という人のことをちょっと忘れていて、どちらかと言うと(門脇)麦ちゃんのやっている“あたし”という女の子のことが、心の中ですごく残っていたんです。“あたし”やりたいな、と実は思っていたんですけど(笑)。

Q:“あたし”をやりたかった(笑)。

橋本:一番気に入っているのが、“あたし”のシーンなんです。“あたし”が早朝、夜明けの街をひとりで歩いているところです。小説を読んでいて、あのシーンが一番好きで。原作は真冬の設定なので雪も降っていて、鼻にツンと来るような匂いとか、空気感みたいなものを読んでいて感じたんですね。この映画を撮ったのは5~6月だから、冬ではないのに、あのシーンは観ていて、ちょっとシンと来る冷たさみたいなものが画面から伝わってきて、本を読んで思い描いていた情景に限りなく近かったことの感動が、すごくありました。……ちょっと読者としての感想に近いかもしれないですね(笑)。

Q:原作好きな橋本さんから観て、うなるような描写はほかにもたくさんありましたか?

橋本:もちろんです!“あたし”は、本当に思い描いていた通りでしたし、みんなもそれぞれそうでした。小説や脚本の大事なところを、みんながくみ取って表現していた印象です。サツキちゃんもそうだし、ファミレスの二人もそうだし。ファミレスでは、一口に「女同士の友情」と片づけられない、奥深い何かがあそこにありましたよね(笑)。あの土地ならではの女同士の関係は、すごくよかったです。謎めいた感じが、本当にそのまま映像になっていたので、小説が好きな方はなおさら喜んでもらえるんじゃないかなと、すごく思いますね。

Q:橋本さんは“わたし”をどう捉えていらしたんですか?

橋本:“こういう人だ”と、あまり決めていませんでした。感覚として覚えているのは、”あたし”ほど椎名くんに執着していないし、サツキちゃんほど東京に執着していないし、須賀さんより自分のできなかったことにグチグチ言わないし(笑)、何に対しても曖昧というか。秘めているものはすごくあったけれど、目に見えるものとして何か、わかりやすいわけではない人だな、と。

初日に廣木監督と唯一話したことがあって、「“私”は“迎えに来て”と言う人じゃないから。もっと能動的に動いていける人だから」と。確かに、“私”は東京にも実際行ったし、地元に帰ってきてからも、ふさぎ込むわけでもなくライターの仕事をしているという、生命力の強さみたいなものが、もともとあるんですよね。あらかじめ、何かが失われていても、生きていく灯みたいなものはちゃんとある人なんだな、と思っていました。

Q:橋本さんと“私”の似ているところはあるんでしょうか?

橋本:うーん……。あまりないです。……あ、でも私は基本ノスタルジックなんですね。地元とかに帰ったりすると、母校の小学校とかの道をひとりで歩いて、「はぁ~」って思ったりとかして(笑)。自らを痛めつけに行くのが、好きなんですよね(笑)。そういう点で言えば、“私”も、別に好き好んでやっているわけではないけど、地元の風景だったり、クラスメイトの存在だったり、過去に対しての強い気持ちみたいなのが残っていて。そこは、私のいつものノスタルジーを持ち込んではいたので、“私”と共有できたかなとは思っています。(取材・文:赤山恭子、写真:岩間辰徳)

☆インタビューは後編に続きます。

【関連記事】

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる