オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 彼には言えないけど…アラサー女がこっそり実践しているベッドテクを大公…

彼には言えないけど…アラサー女がこっそり実践しているベッドテクを大公開♡

大好きな彼氏とのエッチは、最高に幸せなひととき。「できるだけ可愛い女でいたい」「心から愛されたい」のが女の本音ですよね。

そこで今回は、20~30代独身女性を対象に“エッチ”に関するアンケートを実施! アラサー女性のベッドテクニックをまとめてみましたよ。

 

■彼の手やアソコをそっと誘導する

「大好きな人とエッチしているのに、気持ちよくなれないなんてもったいないでしょ?だから“ここがいい!”ってポイントを彼の手やアソコの動きに合わせて、そっと誘導している。」(30歳/経理)

「相性がいい」と感じるエッチをするためには、お互いに気持ちいいポイント=性感帯を教え合わなければなりません。でも「ここがいい」「もっと〇〇して」と言葉にするのは、なかなか恥ずかしいものですよね。

そこでアラサー女性たちがこっそりやっているのは、彼の手やアソコの動きに合わせてカラダを合わせたり、そっと手を誘導してあげること。

たったこれだけで、お互いに興奮度が高まって満足いくエッチを楽しめるそうですよ。

 

■言葉以外で「気持ちよさ」をアピールする

「せっかく彼が頑張ってくれているから、正直イマイチなときも“イキそう……”な演技をしてエッチを盛り上げている。シーツを掴んだり、彼の背中にギュッとしがみついたりね。」(29歳/IT)

男性は好きな女性の喘ぎ声や気持ちよさそうにしている表情を見て、興奮度がぐっと高まるもの。エッチに集中しているからこそ、視覚的刺激はさらに気持ちを盛り上げるといいます。

それを知っているアラサー女性は、プレイ中にシーツをぎゅっと掴んだり、彼の背中に爪を立てたり、耳元で吐息を漏らしたり……。言葉以外の方法で彼氏に“気持ちよさ”を伝えているようですよ。

 

■慣れてきても恥じらいを忘れない

「回数を重ねるたびにエッチの前後が雑になってくるもの。でも、私はガッカリされたくないから、絶対に自分から脱がないし、愛撫中は“顔見ないで”と恥ずかしがって可愛らしい女でいる努力をしている。」(31歳/保険)

ベッドの上で大胆に振る舞うのもアリですが、やっぱり恥じらいのある振る舞いが男心をギュッと掴むもの。彼氏とのエッチに慣れてきた頃こそ注意が必要です。

「電気を消して」とお願いしたり、「顔を見ないで」と布団に隠れたり、「そこはダメ」と恥ずかしがったり。彼氏が凹まない程度に‟嫌よ嫌よも好きのうち”と可愛らしく恥じらう姿を見せてみて!

 

大好きな彼氏を喜ばせるためにこっそりやっているベッドテクニック。

あなたも次のエッチの参考にしてみてはいかがですか? いつもと違った振る舞いで、男性を骨抜きにできること間違いなしですよ。

【取材協力】

※ 20~30代独身女性

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

大学在学中からフリーライターとして活動中。現在は、恋愛コラムやエステティック会員誌、新聞広告記事などを執筆中。20〜30代男女のリアルな声を取り入れた恋愛記事は、恋する乙女必見。
Recommend
検索窓を閉じる