オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 渡辺大知、成田凌に胸キュンし通し?一緒のシーンがないと「切なかった」

渡辺大知、成田凌に胸キュンし通し?一緒のシーンがないと「切なかった」

10月17日(水)、映画『ここは退屈迎えに来て』公開直前イベントが都内にて行われ、主演の橋本愛さん、共演の成田凌さん、渡辺大知さんらが出席、サプライズゲスト・フジファブリックさんの熱唱に感動の面持ちでした。

『ここは退屈迎えに来て』は、山内マリコさんの処女小説の映画化作品。

2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった「椎名くん」(成田さん)を柱に、主人公の「わたし」(橋本さん)や、椎名くんの元彼女「あたし」(門脇麦さん)など、様々なキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇です。

高校生から27歳まで、10年分の「わたし」を演じた橋本さんは、「私は当時21歳だったので、6年間の未知の埋められない時間があって、想像で補うしかないのはすごく苦しい部分もありました。けど高校生時代の解放感が、すごく気持ちよくて」と、知っている時間や感覚を演じられことの楽しさも感じていたと告白。

みんなの憧れの的の「椎名くん」を演じた成田さんは、「椎名君は渦の真ん中のような人間なので、僕は何をするでもなく、周りの皆が作ってくれました」と言えば、渡辺さんが「謙虚な方ですね……成田くん、すごい素敵で」と絶賛コメント。

しかし、渡辺さんは「こんなことを言ってますけど、打ち上げのときに“俺の10年後のやつを観てほしい”って言われましたよ!自信満々だったんだろう(笑)?」と密告!

成田さんも思わず照れ笑いで回避しようとしますが、渡辺さんが「何で何も言わないの~?」と詰めると、「言葉が出なかった……。高校生をやった次の日に10年後をやって……あの姿には、当初の僕は自信があったみたいです(笑)」と成田さんは笑いに変えていました。

そんな成田さんとふたりのシーンが多かったという渡辺さんは、「高校時代は成田くんとのシーンばっかり!ふたりでいる時間、僕はキュンキュンしまして……(笑)。一方的に思いを寄せているんですが、伝えることなく終わってしまう役柄で。自分も等身大の切なさというか……“もう成田くんとのシーンないんだな”って思うと切なかったですね」と赤裸々に振り返ります!

成田さんは「思いを寄せられているとか気づかず、一緒に銭湯とか行っちゃった(笑)」と渡辺さんと微笑み合っていました。

なお、この日は本作の主題歌と劇伴を担当したフジファブリックさんがサプライズゲストとして登場し、主題歌『Water Lily Flower』をアコースティックバージョンで披露!

豪華なライブにはキャスト陣も感極まっており、橋本さんは「泣かないほうが難しいですね。ひとりでライブで聞く感覚になっちゃった」と陶酔していました。

映画『ここは退屈迎えに来て』は10月19日(金)より全国ロードショーです!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる