オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 菅田将暉、コンビニで自分の歌が流れて…気まずい

菅田将暉、コンビニで自分の歌が流れて…気まずい

人気俳優の菅田将暉さんが、コンビニでのシンクロにビックリです!

それは20日に都内で行われた、映画『生きてるだけで、愛。』(11月9日全国公開)完成披露試写会でのこと。

主演の趣里、共演の菅田将暉さん、仲里依紗さん、西田尚美さん、石橋静河さん、織田梨沙さん、関根光才監督が参加しました。

理不尽な感情にさいなまれる引きこもりのヒロイン・寧子役の趣里は「脚本を読んだときに物凄いエネルギーを感じて、それを初期衝動として大切に演じました。外から見たら難のあるキャラクターだけれど、生きていたら楽しいことだけではなくて、辛いことや悲しいこともある。だから共感できる部分は沢山ありました」と熱演報告。

菅田さんは「シリアスシーンが多い映画の現場の方が仲良くなる。現場をどうやって楽しむかと考えることが多いので、趣里さんからはストレッチとかを習っていましたね。僕は体が硬いから」と和気あいあいな現場の風景を振り返り、趣里から「菅田さんからはボクシングを教えてもらいました」と報告があると「趣里さんはボクシング経験がないのに、3分くらいミット打ちができていたくらい体力が凄い……なんかラジオの収録みたいな舞台挨拶だね」と映画とは無関係なエピソードにニッコリでした。

また映画にちなんで“分かり合えたと思えた瞬間”を聞かれた菅田さんは「ささいなことですが」と前置きしつつ「コンビニに入ったら、俺の曲が流れていて、店員さんと目があった。この人が俺の曲をかけたのか?と。気まずくてレジに行きにくくなりましたけれど……。そんなシンクロがありました」と偶然の一致を紹介。

夫が俳優の中尾明慶さんである仲さんは「旦那さんのお仕事が終わるころかなと思って“終わった?”と連絡をしたのと同時に、連絡が同時にあるということが結構ある。そんなときに分かり合えているなと思う。何を食べたい?と聞いても返事がなかったのに、ハヤシライスを作っておいたら、帰ってきた時に“ハヤシライスが食べたいと言おうと思っていた”と言われたこともある」とウラヤマシー・アツアツ・ラブラブの以心伝心告白でした。

【関連記事】

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる