オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 新登場!無印良品の「かけるだけ」麺シリーズが画期的でめちゃうま!

新登場!無印良品の「かけるだけ」麺シリーズが画期的でめちゃうま!

『無印良品』から出ている『麺にかける』シリーズ、もうお試しになりましたか?

北海道産の小麦粉を使用した『ノンフライ乾燥麺』に、好きなソースや具入りスープを“かけるだけ”で、手軽に麺料理がいただける便利フードです。

さっそく、フードアナリストの筆者がその魅力をご紹介します。

 

■「かけるだけ」のソースバリエーションが豊かで飽きない!

麺にかけていただく“かけるだけ”シリーズのパウチソースは『カレーうどん』から『胡麻味噌担々スープ』『あんかけパスタソース』にいたるまで、実にバラエティ豊かな品揃え。

麺を常備したうえでソースをいろいろと揃えておけば、その日の気分で選べ、飽きることなく満足度の高い食事に♡

ひとり暮らしさんや昼食をひとりで食べることの多い専業主婦女性にも重宝です。

今回筆者は『胡麻味噌担々スープ』と『ジャージャーソース』を選んでみました。

 

■ノンフライ麺とソースの同時調理で時短メニューに

『ノンフライ乾燥麺』は、お湯でおよそ計5分ほど茹で、水切りしてからいただく調理法。

他方、パウチに入ったソース類はお湯で5〜7分パウチごと温めるか、別容器に移して電子レンジで2分ほど加熱します。

時短でぱぱっと完成させるには、同時調理がカギ。

麺を茹でつつ、別のお鍋でパウチを温めておくと、トータルわずか10分弱で完成します。

これなら「お腹すいた!」ってときにも、気軽に作れますよね。

麺は、茹でている最中に吹きこぼれやすいタイプなので、途中からは麺をほぐしつつ、適度に火力の調整をおこなうのがおすすめ。

茹で上がったら、水分を切って完成です。

パッケージに書かれている時間をきっちり守ると、やや柔らかめな麺に仕上がるので、硬めが好きな人は、少々時間を短くしてお鍋から出してもいいかもしれません。

 

■ソースが違うだけで見た目も味わいも全然違う!

こちらが『ジャージャーソース』をノンフライ麺にかけた完成版。

甜麺醤(テンメンジャン)が入っていて、具材のジャガイモの食感に、よくマッチしていました。

きゅうりなどでグリーン色を加えると、なお本格的な味わいが楽しめそうです。

ちなみに、こちらのソースのカロリーは192kcal。

そしてこちらは『胡麻味噌担々スープ』をノンフライ麺にかけた完成版です。

担々スープ液状なので、麺とよく絡まり合い、ラーメン的な感覚でいただけます。

お味はけっこう本格的で、ふわっとホアジャオ(花椒)が香り、食欲をそそります。

1パックあたり316kcalです。

 

麺のカロリーは1食70gあたり253kcal。ソースとの組み合わせによって、がっつりと食べたいシーンや軽く夜食をしたいときに、自分で摂取カロリーを計算しながら組み合わせできるのも、女子には嬉しいですよね。

気になった方は、ぜひキッチンに常備してみて!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる