オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Nissy「かわいくてどうしようもない」と新木優子をベタ褒め 吉沢亮…

Nissy「かわいくてどうしようもない」と新木優子をベタ褒め 吉沢亮は関西弁を披露

10月23日、映画『あのコの、トリコ。』大ヒット御礼舞台挨拶が開催され、主演の吉沢亮さん、共演の新木優子さん、宮脇亮監督、サプライズゲストとして主題歌『トリコ』を歌うNissyさんが登場しました。

映画の舞台挨拶のために、日本全国5,500Km以上の大移動をしたという吉沢さん。「これだけ舞台挨拶をさせていただいた作品はもしかしたら初めて。この映画を楽しみにしてくれている方の表情を直接見られるのはありがたい。ドキドキですけど、すごく楽しい。地方によってお客さんの温度感が違うのはやっていて楽しかった」と振り返ります。

その土地の方言であいさつも行ったとのことで、「今日の日をめっちゃ楽しみにしててん。吉沢亮やで」とサプライズで関西弁を披露。

そして新木さんも「めちゃめちゃ楽しみにして……してたでっ!」と博多弁で挨拶をしようとするものの、関西弁になってしまい照れ笑い。

さらにこの日は本作の大ヒットを記念して、大きな花束を持ってやってきたNissyさん! 吉沢さんと会うのはAAAのライブ以来、2回目ということで、再会を喜び合います。

Nissyさんと『トリコ』のMVで共演し話題を呼んだ新木さん。撮影についてNissyさんは「可愛くってどうしようかと思いました。どうしようもないんですけどね。終始可愛くてどうしよっかなーって思ってたんですけど。どうしようもできないんですけど!」と“どうしようもない”と連呼しながら回顧。吉沢さん、新木さんをはじめ周りを笑いに誘っていました。

監督はNissyさんが歌う『トリコ』について、「想像以上のものが出来上がってきました。この作品の世界観をもう一つ大きくしてくれたような気がしてます」と喜びの声を漏らします。

そして、本作の初日舞台挨拶でも披露した『トリコダンス』を吉沢さん、新木さん、Nissyさんが披露。

満面の笑みで楽しそうに『トリコダンス』を踊るお三方。前回は監督も踊っていたのですが、今回は踊らずに済み、「踊ることにならなくてよかった……」と、胸をなで下ろしていました。

イベントの最後には皆様からのコメントが。

Nissyさんは「夢がある、続きを見て見たいストーリー展開でした。僕の曲も後押しできたと思いますので、嬉しい気持ちがいっぱいです」と語ります。

新木さんは「楽しい時間でしたし、魅力を語れたので、その魅力を感じに映画館に来ていただきたいですし、来ていただけてない方にも見たもらいたいと思います」と笑顔で挨拶。

ラストに吉沢さんは「公開してから3週間弱たってますけど、まだまだ上映していますので、面白いと思ったら周りの人にすすめていただいたりとか、面白いと思ったらまた見に行っちゃおうかなとか思ってくれたら嬉しいかなと思います」と締めくくりました。

☆フォトギャラリーはこちら

【関連記事】

南方 篤
カメラマン/ライター
Webメディア編集部の社内カメラマンとして、インタビュー時のポートレート撮影、記事執筆、イベント取材などを担当。その後、ウェブマーケティング職を経て本格的にカメラマンとしての活動を開始。
Recommend
検索窓を閉じる