オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 性欲が抑えられない…男が「軽い女認定」してしまうポイント

性欲が抑えられない…男が「軽い女認定」してしまうポイント

アラサーにもなれば、男性もそろそろ落ち着きたい人が多いもの。付き合う相手も、自然と結婚を考えられる相手を選ぶと思います。

それは、アラサー女性も同じ気持ちだと思うのですが……。何気ない行動が男性側からすると、ちょっと軽く見えてしまうこともあるようです。

今回は、そんな男性が軽い女認定しまうポイントをご紹介。男性との結婚を考えている女性がいたなら、ぜひ気を付けてみてくださいね。

 

■恋愛脳の女性

「俺も結婚したいから気持ちはわかるんだけど。恋愛だけのことを考えている子は苦手かな。出会いばっかりで、“ほかの人ともやり取りしているんじゃ?”って思うから。」(28歳/男性/販売)

出会いに必死になっている感じが相手に伝わるのでしょうね。出会いを求めることは大事ですが、生活のすべてがそれだけになってしまうと、あなたも辛いですし、相手も軽く見えてしまったり、接し方に悩んでしまいそう。

出会いって不思議なもので、求めているうちはいい縁がやってきづらいといいます。仕事やプライベートで自分磨きをしているうちに、自分の魅力に似合った出会いがやってくるのかも。ちょっと肩の力を抜いて、日々の生活をもっと楽しんでみては?

 

■自分がない女性

「自分なりの考えをしっかりと持っている人って、いいなって思う。それとは反対に、男性の言うことを素直に“はいはい”って聞いている子を見ると、合わせているんだろうけど。流されやすいっていうか、気に入られようとしている感じがして、軽く見えることがある。」(28歳/男性/IT)

たとえばご飯の行き先を決めるときなら、「〇〇くんの行きたいところでいいよ」と配慮する気持ちは大事ですが。「お肉苦手だから、できれば焼き肉はパスで!」と、苦手な食べ物を言えるとか。「お寿司が食べたい気分かな~。〇〇くんは?」と自分の意見を言えるだけでも、男性からするとお店を決めやすいと思います。

男性に気に入ろうとして、自分の意見を譲り過ぎると、自分がないように映ってしまうようです。気遣い症の女性は、この辺りをちょっと注意できるといいかもしれませんね。

 

■性欲が抑えられない女性

「女性って下ネタを言わないイメージがあったから。知り合った女性が“エッチしたい(笑)”って言ってきたときは、すごくビックリした。」(28歳/男性/福祉)

そもそも下ネタが苦手な男性も少なくないもの。その手の男性の場合、女性が下ネタを言うことに、若干抵抗を感じてしまうかもしれません。もちろん、女性だって性欲がありますし、そういったことが話題にできる関係のほうがいい、という意見もあると思います。

でも、少なくとも出会い頭では、オープンにしないほうがよさそう。ふたりが打ち解けて、何でも言い合える仲になってからにしたほうが、無難かもしれませんね。

 

せっかくいい出会いがあっても、軽く見られてしまってはもったいないです。あなたの魅力を最大限生かすべく、出会いを求める際はちょっと気を付けてみてくださいね。

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる