オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 青柳翔、場末の演歌歌手になりきりリサイタル披露!町田啓太&鈴木伸之ら…

青柳翔、場末の演歌歌手になりきりリサイタル披露!町田啓太&鈴木伸之らも渾身の応援

11月1日(木)、映画『jam』が『第31回東京国際映画祭』特別招待作品にて上映され、青柳翔さんが劇中で演じた横山田ヒロシに扮し、リサイタルショーを行いました。

『jam』は多くの海外映画祭を経験しているSABU監督と、LDH JAPANの劇団EXILEメンバー全員が初タッグを組んだ映画。

熟女たちからの熱狂的な支持を受けているローカル演歌歌手の横山田ひろし、意識が戻らない彼女のために、善いことを続けると願いが叶うという迷信を信じるタケル(町田啓太さん)、自分を刑務所に送ったやくざたちに復讐を仕掛け、追い回されるテツオ(鈴木伸之さん)の運命が交錯していく物語です。

最初に秋山真太郎さん、八木将康さん、小澤雄太さん、小野塚勇人さん、佐藤寛太さんの5人がずらり登場し、和太鼓の乱れ打ちが披露されると、場内は黄色い声が飛び交います。

皆さんの真剣な表情に魅せられながら、場内は、何だか怪しいムードへ……。

青柳さん扮する場末の演歌歌手・横山田ヒロシが、なんと場内後方から登場! これには仰天の表情を見せた客席、ヒロシになり切った青柳さんに、皆さんも大喝采。

ヒロシの持ち歌「こんばんは、ありがとう」が始まると、上映終了後の場内ともあり、皆さんが合いの手を入れて盛り上げます。

すると、サイドから町田さん&鈴木さんが登場、応援隊として『jam』のポストカードを配布し出すと、場内はさらなる熱気に満たされました!

終了後には、ヒロシこと青柳さんが「今日は僕のスペシャルなソロライブにお越しいただき、本当にありがとう!」と声かけをすると「ヒロシ~~~~!」という大歓声……!

「素敵な場所で歌わせていただけるのも、それもこれも、あれもこれも、どっちもどっちで(※劇中の曲名でもある)皆さんのおかげです」と感謝を寄せた青柳さん一座なのでした。

『jam』は12月1日(土)より全国ロードショー、TIFF2018は11月3日まで開幕です!

【関連記事】

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる