オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 桜井日奈子の意外な一面!「好きになったら“好き”と言えちゃうタイプ」

桜井日奈子の意外な一面!「好きになったら“好き”と言えちゃうタイプ」

こじらせまくりのラブ・ストーリー『ういらぶ。』にて、主人公・凛(平野紫耀さん)に恋をしている幼なじみの優羽を演じた、桜井日奈子さんによるインタビュー後編をお送りします。

前編では、地元・岡山での撮影エピソードや、優羽とは実は正反対だという桜井さんの役作りについて、お話いただきました。

引き続き、後編では、劇中の幼なじみという関係性についてや、桜井さんの恋愛観まで、たくさんお聞きしました!

Q:凛と優羽、暦(玉城ティナさん)と蛍太(磯村勇斗さん)の4人組の幼なじみという関係性を、どう思いましたか?

桜井日奈子(以下、桜井):単純に「いいなあ」と思います。同じマンションに住んでいて、しかも、優羽には凛という好きな人がいるじゃないですか。「好きな人と会えるから、学校に行くのが楽しみ」というのはわかるんですけど、家に帰っても距離が近い、隣の部屋に住んでいるなんていったら……!もう気が気じゃないですよね(笑)。しかも、凛と優羽はお互いの部屋を行き来する関係ですし、彼氏・彼女じゃなくてもそういうのができるのって、やっぱり幼なじみならではなんだな……と思いました。

Q:そうですよね。ベランダから入って来られる、って(笑)。

桜井:びっくりしますよね(笑)!私だったら、いつもちゃんとしていないといけないから、「ちょっと今入って来ないで!」となりそうですけど(笑)。

Q:そんなふたりの関係、桜井さんから見ていかがでしたか?

桜井:もどかしい感じ、かわいいなあ、とは思いました。お互い大好きだし、しかも幼なじみなので、やっぱり憧れるじゃないですか。でも、好きすぎるから伝え方がおかしくなっちゃう、っていう。

私、好きなシーンがあるんです。凛くんが「優羽のことをずっと想って生きてきた。あいつのことをいじめていいのも俺だし、好きになっていいのも俺だけなんだよ!」みたいに言うところ。優羽としては聞いていない台詞なんですけど、「あの言葉、いいなあ~」と羨ましく思って。

Q:そこまで一途に大事に想われていることが、すごいですよね。

桜井:うん。本当にそうです。そんなに幸せなことはないよな、としみじみ思います。私・桜井としては「早く優羽ちゃん、気付いてあげればいいのに!」と思いながら、優羽を演じていました(笑)。

Q:そうでしたか(笑)。インタビュー前編でも、桜井さんと優羽は真逆のキャラクターというお話をされていましたが、恋愛面では「わかる」と思う気持ちもありましたか?

桜井:幼なじみの関係が壊れるのが怖くて、というのは何となくあるとは思うんですけどね……。友達から恋人になれるまでの一歩踏み出す勇気みたいなのって、……うーん……、難しいですね……!私は、好きになったら「好き」と言えちゃうタイプなので、好きすぎるあまり「好き」って言えないのは、どんな感じなんだろう、と思います。

Q:「好き」と言えてしまうということは、「向こうがどう思っているんだろう?怖い」という感情は、あまりないほう?

桜井:考えますよ……!一応「ちょっとでもいけるんじゃないかな……?」と思ったときに、いきます。何となーく探りつつも、やっぱり自分から言います。

Q:なるほど。ところで、桜井さんに幼なじみはいますか?

桜井:はい、います。女の子の幼なじみとは今でも連絡を取っています。この前の夏休みに遊びに来てくれたので、東京を紹介したりしました。……と言っても、私も上京して2~3年くらいなので、東京の素敵スポットみたいなところを全然知らなくて。スタイリストさんやメイクさんに、必死でお勧めを聞きました(笑)。

Q:どこにお連れしたのか、気になります(笑)。

桜井:原宿のほうを案内しました。KAWAII MONSTER CAFÉとか、「The原宿」&「王道」みたいなところに連れて行きました。

Q:ありがとうございました。最後に、NOSH読者にメッセージをお願いします。

桜井:『ういらぶ。』は、本当に初々しい恋模様が描かれているので、ぜひキュンキュンしてほしいです!前半はコメディー要素が満載で進んでいくんですけど、後半、クライマックスに向けて胸が締めつけられるような展開が待っています。観終わった後、「このシーン、キュンキュンした」とか色々盛り上がれるはずなので、ぜひ大切な方やお友達と観に行っていただきたいです。(取材・文:赤山恭子、写真:岩間辰徳)

【桜井日奈子さんプロフィール】

桜井日奈子(さくらい・ひなこ)

1997年4月2日生まれ、岡山県出身インセント所属。

2014年に『岡山美少女・美人コンテスト』で美少女グランプリに輝き、15年webムービーで“岡山の奇跡”として一躍注目を集める。16年に舞台『それいゆ』で女優デビューを果たし、同年『そして、誰もいなくなった』(NTV)でドラマデビュー。18年『ママレード・ボーイ』(廣木隆一監督)で映画初主演を飾る。その他の出演作に、『THE LAST COP/ラストコップ』(NTV)、映画『ラストコップ THE MOVIE』など。現在、『東京オリパラ団』(NHK-BS1)レギュラー、『沼にハマってきいてみた』 (NHK Eテレ)月曜レギュラーMCとして出演中。

映画『ういらぶ。』11月9日(金)全国ロードショー

公式サイト: http://welove.asmik-ace.co.jp/

【関連記事】

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる