オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「この関係が好き…」婚期が遠のくNGワード

「この関係が好き…」婚期が遠のくNGワード

男性にプレッシャーを与えたり、「結婚する気はないな」と思われてしまうと、婚期は遠のいてしまいます。

男性が思う結婚へのハードルは高く、また、結婚を意識している時の女性をチェックする目は厳しいため、彼氏への発言や、婚活や合コンでの発言は、気を付けなくてはいけません。

そこで今回は、婚期が遠のくNGワードをご紹介。男心を理解し、結婚を掴み取りましょう。

 

■婚期が遠のく…理想を語る

「結婚するなら○○な人」「こんな家庭を築きたい」などの“結婚の理想”は、婚期が遠のくNGワード。

結婚に夢や理想を抱いているのは男性も同じなので、理想を語ると「彼女とは価値観が合わない」と思われたり、婚活で「自分には当てはまらない」と思われ、男性の結婚への意欲やアプローチへの意欲を削いでしまうことに。

理想を語り押しつけると男性はプレッシャーを感じ、また、最初から相手にしないこともあるので、一方的な理想を語るのは控えた方がいいですよ。

 

■「この関係が好き」はNGワード

彼にプレッシャーを与えまいと、「この関係が好き」「このままでいい」と遠慮がちに気持ちを伝える女性もいますが、結婚を意識している男性にとっては、この発言はNGワードになるかもしれません。

「この関係がいい」は、「結婚を望んでいない」とも取れる言葉です。

「ずっと一緒にいたい」と伝えたいのかもしれませんが、結婚を意識している男性は彼女の発言に“敏感”になっており、“ネガティブ”に捉える傾向にあるので、彼の気持ちを無下にしてしまうかも。

彼の結婚への意欲が高いと感じた時は、結婚の意思や大好きな気持ちを伝えて、“安心させてあげる”ことも大切ですよ。

 

■仕事や人生に対する熱意ある発言

仕事や人生への“熱意”や“ストイック”な発言は、婚期が遠のくNGワードになる可能性もあります。

多くの男性が結婚相手に求めているのは、世知辛い世を共に戦う戦友ではなく、唯一安心でき心が癒される“オアシス”のような女性。

熱意ある女性はステキには見えても、同じ熱意やストイックさを求められているように感じ、また、結婚しても安らげるイメージを持てません。

婚活でいい男を見定めようとするあまり、熱意やストイックな発言が多いと、男性は寄りつかず婚期が遠のいてしまうので、熱意を語るのは程々に。

 

「子供が欲しい」「将来について考えてるの?」などのストレートな発言も、婚期が遠のくNGワードになるかもしれませんが、意外な言葉もNGワードになることがあるので、彼や婚活での発言には気を付けて下さい。

【画像】

※  Supawadee56/shutterstock

【関連記事】

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる