オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「今日は帰りたくない…」気持ちを彼にさりげなく伝える方法

「今日は帰りたくない…」気持ちを彼にさりげなく伝える方法

男は意外とナイーブ。本当は誘いたくても躊躇してしまうのが、本音のようです。

女性のさりげないアピールで、誘いやすい雰囲気をつくってみると、もしかしたら誘われやすくなるかもしれません。

そこで今回は、“今日は帰りたくない”気持ちを彼にさりげなく伝える方法について、ご紹介しましょう。

 

■明日、何も予定ないの

翌日の予定がどうなっているのか、それは男にとって非常に重要なこと。たとえ、アピールしたところで女性に予定が入っていたら、断られるのがオチ。

男にとっては、どうしても知っておきたい情報であるはず。では、さりげなくあなたのほうから「明日、何もないの」と伝えてみましょう。

あなたの自発的な発言から、男の気持ちも後押しされるはず。

 

■眠くなっちゃった…

彼とのデートの最中、少々お酒が入った頃合、「なんだか眠くなっちゃった」「疲れちゃったのかな」と囁いてみましょう。

その言葉は、男性をその気にさせる力があります。たとえ、消極的な男性であっても、OKサインだと気づいてくれるでしょう。

また、彼にその気があるかどうか、試してたいときにも使えそうですね。

 

■もう少し一緒にいたいな

ある意味、ストレートな言葉ですが、ここに恥ずかしさと甘えるような態度もおまけに表現してみましょう。

また、服の裾をくいっと引っぱってあげてみるのも効果的かも。少々、勇気のいるセリフかもしれませんが、男心をくすぐる方法だといえるでしょう。

 

■終電、逃しちゃったかも

定番のセリフかもしれませんが、やはりこの一言は強烈。

もう帰ることができないとなれば、さすがにひとりにさせては置けません。男だってなんとかしてあげなきゃと思うと同時に“チャンス”なんて思ったりもするのでは。

たとえ、終電がまだ残っていても、言ってみる価値あり。“今日は帰りたくない”という意思表示になるはず。

 

女性なら、“今日帰りたくない”という気持ちをできれば、さりげなく伝えたいですよね。

とうぜん、男だって自分からリードしたいのが本音です。彼が少しでも誘いやすいように、わかりやすくアピールしてあげるのが、あなたの務めかも。(占い師・そら)

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

占い師そら
恋愛専門占い師
20代、寺院で仏教を学ぶ。新宿歌舞伎、某有名ホストクラブで、売れっ子ホストとなる。持って生まれた天性を働かせ、悩める女性たちの恋、結婚、複雑な愛の相談から成就へと導く。スピリチャル的感性とリアルな体験を組み合わせた、占い師として活躍中。
Recommend
検索窓を閉じる