オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 佐藤寛太、必死の自画自賛「普段モテているから」に志尊淳バッサリ「うる…

佐藤寛太、必死の自画自賛「普段モテているから」に志尊淳バッサリ「うるせ~~」

俳優の佐藤寛太さんが、映画『走れ!T校バスケット部』初日舞台挨拶に出席、志尊淳さんにデレデレの甘えた顔を見せました。

3日(土)に行われた映画『走れ!T校バスケット部』初日舞台挨拶には、そのほか主演の志尊淳さん、共演の佐野勇斗さん、早見あかりさん、戸塚純貴さんらも一緒に登壇。

「誰が一番男気があったか」という話になると、佐藤さんは真っ先に志尊さんを挙げ「飯おごってくれるんすよ!」と言うと、志尊さんは「俺は、お財布か!」と突っ込みます。

負けじと佐藤さんが「大好き♡」と伝えると、「飯おごってくれるから大好きなんでしょ!」と、いなす志尊さん。

さらに、「もし同じ高校に通っていたら、誰が一番モテた?」という話題になると、「いる?」「誰?」とそれぞれが見まわす中……。

戸塚さんは「ここ三人じゃないの?」と志尊さん、佐野さん、佐藤さんを指します。

驚き顔の三人でしたが、佐藤さんだけが「控えめに(モテるのは)僕かなって思うんです!」と立候補……!

「劇中では、モテなくて、モテたくてバスケを始めるんですけど、俺、普段モテているから気持ち作るの難しくて~」と“寛太スマイル”を爆発させると、志尊さんは笑顔で「うるせえ~~~~」とかわいらしく突っ込みます。

それでもめげないハイテンションな佐藤さんは、「僕は僕に一票!」と言いましたが、早見さんが「みんな、心も見た目もイケメン!」とまとめ、場内から同意の拍手が贈られていました。

『走れ!T校バスケット部』は、実話に基づいた同名小説を実写映画化。弱小バスケットチームの成長を通し、高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の想いが描かれた渾身の青春映画に仕上がっています。

全国ロードショー中の『走れ!T校バスケット部』、NOSHでは志尊さん&佐藤さんのインタビューを近日掲載予定ですので、お楽しみに。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる