オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 前に進みたい…元カレが忘れられない時にすべきこと

前に進みたい…元カレが忘れられない時にすべきこと

どんなに時間が経っても、好きで好きでたまらない元カレへの未練は、断ち切ろうと思っても簡単には断ち切れませんよね。

元カレとの思い出を無理に忘れる必要はないと思いますが、次の恋に進むためにも、どこかに踏ん切りをつけて、断ち切らなくてはいけないのかもしれません。

そこで今回は、元カレが忘れられない時にすべきことをご提案。

記憶の中の彼に、バイバイしましょう。

 

■元カレの嫌だった所を思い出す

未練があると、楽しい思い出や大好きな気持ちで胸がいっぱいになりますが、よーく思い返してみると、“嫌な所”も沢山あったのではないでしょうか。

元カレが忘れられないときは、まず元カレの嫌だった所を鮮明に思い出し、元カレとは別れるべきであり、そのような運命であったと、気持ちを整理し“合理化”してみましょう。

「どうせ付き合い続けても上手くは行かなかった」「一生結婚できない酷い奴だ」と、負け惜しみにも聞こえますが自分の中で合理化できれば、気持ちも次第に薄れるはず。

人間は都合のいい生き物で、嫌な思い出や苦痛は忘れるようにできています。

そのため、意図的に嫌な所や別れに至った経緯を思い返せば、元カレへの未練も断ち切れるのではないでしょうか。

 

■最後に一度だけ連絡してみる

何をやっても元カレを忘れられないときは、思い切って“最後に一度だけ連絡”をしてみましょう。

もし元カレが返信してくれたら、復縁の効能性も出てきます。

そして連絡がこなかったら、その時は仕方がないので諦めるしかありませんが、連絡しないで無理に忘れようとするよりも、踏ん切りがつくので忘れられますよ。

意地を張って連絡しないでいたり、連絡を躊躇していたりすれば、未練は余計に膨らんでしまいます。

ただし、“最後に一度”と自分で決めることが大事なので、最後に一度だけと決められないなら、連絡はしないでおきましょう。

 

■無理矢理にでも新たな出会いを求める

元カレに、一生分の愛を注いだかもしれません。他の男性を愛することは、生涯無理かもしれません。

それでも、“新たな出会い”というのは、新しい自分に気付くキッカケを与え、新たな道を作り、新たな愛の種を授けてくれるものです。

元カレへの気持ちを断ちきらないと、新たな恋はできないかもしれませんが、無理矢理にでも出会いの場に足を運び色んな男性と触れ合うことで、心に変化が訪れるかもしれません。

運命というのは、どこに転がっているかわからないから面白いのです。

何気なく参加した婚活で“運命の男性”と巡り会える可能性もあるので、どうしても元カレを忘れられないときは、気持ちが伴わなくてもいいので、無理矢理にでも新たな出会いを求めてみては?

 

ステキな女性は、たくさん恋をして、たくさん泣いて、それでもたくさん笑っている女性です。

忘れられない気持ちと思いでは心の片隅に大事にしまい、辛さをバネに前に進めば、きっと今以上にステキな女性になれますよ。

【画像】

※  Aleshyn_Andrei/shutterstock

【関連記事】

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる