オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 平野紫耀にインタビュー!理想のタイプは?「好き好き言われてみたい(笑…

平野紫耀にインタビュー!理想のタイプは?「好き好き言われてみたい(笑)」

King & Princeとして本年にデビューして以降、俳優としても大活躍の平野紫耀さん。

平野さんは、幼なじみが大好きすぎて「好き」と言えない、こじらせまくりのラブ・ストーリー『ういらぶ。』に出演しています。

同じマンションに住む凛(平野さん)と優羽(桜井日奈子さん)、暦(玉城ティナさん)と蛍太(磯村勇斗さん)の幼なじみ4人組の中で、凛と優羽はお互いが好きすぎて素直になれません。

優羽に対してついつい、ドSに振る舞ってしまう凛の前に、「好きなら好きとハッキリ言う」ライバル・和真(伊藤健太郎さん)が現れ、ふたりの恋に暗雲が立ち込めます。

NOSHでは『ういらぶ。特別連載』として、磯村さん(第一弾)、伊藤さん(第二弾)、桜井さん(第三弾)、平野さん(第四弾)のインタビューをお届け!

平野さんには、明るいムードそのままに映画に関するエピソードをお話いただきました。

Q:凛を演じるにあたって、どんな準備をしましたか?

平野紫耀(以下、平野):『ういらぶ。』の原作『ういらぶ。ー初々しい恋のおはなしー』を撮影地の岡山に行く前に読ませてもらいました。……でも、岡山にはあえて原作は持って行きませんでした。現地では、皆さんとのやり取りを重視したかったので、原作に引っ張られすぎても自由にできないんじゃないかな、と思って。監督と相談しながらやらせてもらいました。僕、凛の性格とは真逆なんですよ。

Q:凛はかなりこじらせているので、その逆と言うと……。

平野:自分で言うのもなんですけど、僕、めっちゃ素直なんです(笑)。疲れたら疲れた、嫌いだったら嫌い、好きだったら好き、と全部素直に言っちゃいます。良くもあり、悪くもあると思いますけど、なかなか嘘がつけない性格なので、やっぱり凛と真逆だなと思います。

Q:となると、役作りは結構苦労されましたか?

平野:難しかったですね。「どういう気持ちなんだろう?」、「好きすぎるがゆえに、こうなっちゃったんだろうなあ……」というのを考えて、僕なりの凛を作りました。

Q:中でも特に「しんどかったな」という場面はありましたか?

平野:「しんどかったな」は、BBQ場での夜のシーンですね。夜、もう死にそうなぐらい寒くて(笑)。「よーい、はい」と本番が始まっても、震えが止まらないんですよ!ずっとブルブルしちゃっていたから、本番の前に走って体を温めて、戻ってきて撮ったりしました。

苦労したシーンで言うと、ドSの状態からキャピキャピに戻るところですかね。好きな子に対してひどい言葉を言うので、観ている方が不愉快にならないように、裏でも凛はかわいいところがあるというのをちゃんと見せなきゃな、というのはずっとあったので、めちゃくちゃ大変でした。

Q:今回、凛の妄想シーンのデフォルメが非常に面白ポイントだと思います。かなり振り切った演技をされていましたね。

平野:「これを皆さんに観てもらうんだな」と思うと、最初ちょっと恥じらいがあったりして……なかなか振り切ることができなかったんですけど、2~3回やったら楽しくなってきちゃって(笑)。何パターンも何パターンもやったんで、本番を合わせたら10パターン以上、いろいろなのをやっていました。

Q:では、かなりアドリブも入っていて?

平野:そうですね!アドリブでひとりでしゃべったりしているシーンは、かなりきつかったですね。最後のほうとかは、「次、何言おう……?」みたいな。とりあえずやってみて、自然と出た言葉で、何とか!

Q:凛と優羽の幼なじみならではの距離感について、どう思います?

平野:僕、幼なじみだからできることって多いと思うんです。幼なじみだけには、裏で見せられる顔があったりするのかな、って。でも……だからこそ、『ういらぶ。』を通して、「幼なじみの女の子に告白するのは、すごい勇気が要りそうだな……」と思ったりもしました。友達より高い壁があるというか、長い時間一緒にいるからこそ、いいところも悪いところも知っているので、それを受け入れてオッケーしてくれるのか、みたいなことを思ったりしました。

Q:本編を観て、「このシーン、ドキドキするな」と思うところがあったら教えてください。

平野:ベッドで優羽を押し倒すところ!「来いよ、付き合っていたらやるだろ、普通」という台詞……。後で観たら、えらい恥ずかしいですね……(照)。まず、「来いよ」って女性に言えないですから(笑)。

Q:逆に、凛と優羽がピュアにデートに出かける場面も出てきます。平野さんが行きたいデートの場所はどこですか?

平野:どこでもいいです!……あ、でも贅沢を言わせていただくなら、遊園地だったり、自然の中だったり、海外に行ったりするのも夢ですね。

Q:デートで海外ですか?

平野:デートで海外です!小学校4年生からずっとアイスランドに行きたいので、デートで行ってみたいですね。僕、温泉が好きで、アイスランドに世界で一番大きい露天風呂があるんですって。そこに入りたいです。泥を塗るといいらしいから、泥を塗ってあげたいです。

Q:いいですね。ちなみに、『ういらぶ。』では座長として、リーダーシップを何か発揮しましたか?

平野:リーダーシップは正直…全く取っていません(笑)!これまで座長として、舞台などを何回かやらせてもらったこともあるんですけど、「自分が引っ張っていくぞ!」みたいなのが、あまり得意じゃなくて……。

得意でなきゃいけない立場というのはわかっているんですけど、張れるような器でもないので、皆さんに協力してもらいながらひとつのものを作っていく、という感じでした。やったことと言えば…こまめに差し入れをしたことくらい(笑)。

Q:現場の士気も上がりそうですが。

平野:山奥のほうで撮影していたから、周りに何もなかったんです。だから、毎回スーパーで大量に駄菓子を購入して、差し入れる、ぐらいだったんですけど(笑)。

Q:今回、凛と蛍太と和真と3人の男の子が出てきますが、強いて言うと、どのキャラクターに自分は一番近いですか?

平野:蛍太かなと思ったんですけど、素直さで言ったら和真かな…和真と蛍太のあいだぐらいですかね(笑)。

Q:では、優羽と暦と実花という3人の女の子の中では、誰が自分のタイプに一番近いですか?

平野:実花ですね。ポジティブな子や、一緒にいて楽しいような子が好きなので、実花です。もう、好き好き言われてみたいです(笑)。

Q:優羽タイプだと困りますか?

平野:うーん。すごい勇気を出して伝えてくれるのは、かわいいなと思います。僕だったら凛のように「病ませて、自分しか見えないように」というネガティブ方向にいくんじゃなくて、逆にポジティブにしてあげたいと思っちゃいます。それで、「好き」って言ってもらいたいです(笑)。(取材・文:赤山恭子)

インタビューは後編に続きます。

【平野紫耀さんprofile】

1997年1月29日生まれ。愛知県出身。

2012年に関西ジャニーズJr.として活動を開始。その後、Mr.King vs Mr.Princeが結成され、Mr. Kingのメンバーに選出。14年、『SHARK』(NTV)で初のテレビドラマ主演を飾る。16年の舞台『ジャニーズ・フューチャー・ワールド from帝劇to博多』では座長を務め、福岡・博多座の最年少座長記録を塗り替えた。

2018年『honey』で映画初主演、『花のち晴れ~花男Next Season~』(TBS)の出演も大きな話題に。

5月にはKing & Princeとして『シンデレラガール』でCDデビューを果たした。

自身2度目の主演映画『ういらぶ。』は、CDデビュー後初の映画主演作となる。

映画『ういらぶ。』11月9日(金)全国ロードショー

公式サイト: http://welove.asmik-ace.co.jp/

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる