オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 彼女がいるのに…「セフレ」をつくる男の心理

彼女がいるのに…「セフレ」をつくる男の心理

付き合っている彼氏にセフレがいるとわかった。その事実にショックを受けている女性はいませんか?

「私がいながら、なんで?」一途に彼と付き合っている女性ほど、そんな疑問を持つはず。

なかには彼の考えていることがわからず、すっかり憔悴してしまっている女性もいるのでは……?

そこで今回は、彼女がいるのにセフレを作る男性の心理をリサーチ。男性の本音をまとめてみたので、目を通してみてください。

 

■彼女に甘えられないから

「俺の場合は、彼女の仕事が忙しくて、かまってくれなかったから。ほんの出来心でした。本当なら、彼女とできれば一番なんだろうけど。彼女との関係が不安定な時期だったし、思うように甘えられなかったのもあったかな。」(28歳/男性/IT)

ひと言でいえば、出来心のようですね。彼女のことは大好きだし、彼女とエッチできれば一番だけど……。思うように甘えられなかったり、まだ付き合ったばかりで、気を遣ってしまっていた。その間、性欲は溜まるし、ストレス解消の意味でセフレに走ってしまったという流れのようです。

この場合、彼女のことは大好きなので、まずはふたりの関係をしっかりと築くことが大事になってきそう。お互いに思っていることをきちんと話し合うことで、彼がセフレを作るなんて気持ちはなくなるのではないでしょうか。

 

■エッチがマンネリ化してきているから

「彼女とするエッチに飽きてきたから。彼女のことが嫌いになったとか、そういうわけじゃないんです。ただ元々女好きだし、そういう機会があれば、手を出すみたいな。そんな程度です。」(28歳/男性/サービス)

元々男性の性欲が強かったり、女好きだったりする場合は、彼女がいながらもセフレが欲しくなる気持ちは強くなるかもしれません。付き合っていればエッチもマンネリ化してきます。

意識したいのは、やはりふたりの関係に充実感を図ることです。イチャイチャする関係から、将来を考えられるパートナーの位置づけを、お互いが意識できるといいですね。そうすれば、彼の気持ちはあなたにしか向かず、セフレも単なる一時の遊びで終わるのでは。

 

■彼女との付き合いに不安を感じて

「俺は、彼女が浮気性だって聞いていたから。不安になっちゃって、逆に俺が浮気に走っちゃった。でも、彼女と話し合って、彼女の気持ちが俺にしか向いていないことを知って、それ以来セフレを作ったことはないな。」(28歳/男性/販売)

恋人との付き合いに不安や不満があっても、それを相手に言えないと別の異性でそれを解消してしまうようです。本来、恋人にはなんでも打ち明け、相談できる間柄が理想ですよね。

定期的に連絡、デートをしながら、お互いの気持ちを確かめましょう。相手が誠実な男性なら、あなたの気持ちが間違いなく彼にあれば、彼も変わらずあなたに気持ちが向くはずです。

 

いかがでしたか。なかには、彼女をないがしろにして、自分の欲求のためだけにセフレを作る男性もいます。そんな男性とは、即おさらばしたほうがいいですが……。

ふたりがしっかりと相手との関係を考えることで、変わっていくこともあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ gpointstudio/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる